« 北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化 | トップページ | 「次亜塩素酸水」の空間噴霧の最新見解by経産省 »

2020年6月 3日 (水)

経済産業省が、「よくあるお問い合わせ」追加(次亜塩素酸水)

経済産業省が、「よくあるお問い合わせ」で現時点での次亜塩素酸水のことを詳細に説明しています。

その中で:

「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。

と明記。

NITEのファクトシートを読めば簡単にわかることを読まない、もしくは読んでもわからない馬鹿ども人たちが多すぎるため(なのに断定的に吹聴。そういう印象にミスリードしたImpress WATCHの罪は大きい)、ようやく明記したというところか。

また

塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

とも明記。

 

この論調だとおそらくかなり限定的な範囲で、不活性化に効果ありと認められることになると思います。(怪しい製品は全て排除)

今回、ろくに読まずに次亜塩素酸水は効果無し!と吸聴した人たちは使わないでしょうが(私はこういう連中が大嫌いです。何のために頭はついているのか。難しいことはわからない??なら明確に基準が出るまで黙っていましょう。それに難しいことを断言していたのはあなたたちでしょう。)、新たに使う方は是非注意して使ってください。

 

可能性は低いと思いますが、効果無し、とされるなら相当明確に理由を書いてくれると思います。

その時はそれに従うだけです。

https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005.html

|

« 北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化 | トップページ | 「次亜塩素酸水」の空間噴霧の最新見解by経産省 »