« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

今週の復習メールなど

今週はこんなところかな
_____________________________
動名詞は4つの形。
4つの形と意味は……

原形ingは、能動。「~すること」
being p.p.は、受動。「~されること」
having p.p.は、能動で過去。「~したこと」
having been p.p.は、受動で過去。「~されたこと」

例外は…
need, require, want(〜が必要だ)の目的語の~ingは「〜されること」
deserve, be worth(〜の価値がある)の目的語の~ingも「〜されること」

remember, forgetの目的語の~ingは「〜したこと」
try ~ingも「試しに〜してみる」でやはり過去のニュアンス。
regret ~ingも「〜したことを後悔する」
この4つが原形ingなのに「〜したこと」になる例外。

動名詞の例外はこの2種類。
しっかり思い出しておきましょう!
_____________________________
admit(〜をしぶしぶ認める)とdeny(〜を否定する)の目的語の原形ingも「〜したこと」になるのですが、これはhavingp.p.の出題が多いようです。
また参考書でも扱っているところが少ないので教えてません。
上位校受験生は知っておくべきですね。

|

2009年11月20日 (金)

毎度おなじみの復習メール

今度は高1男子への復習メール!
_____________________________
○○君こんにちは。
復習メールっす!


動名詞は…形は4つ。
4つの形と意味は……大丈夫かな?覚えてる?

原形ingは、Vと同時制か未来時制。能動。「~すること」
being p.p.は、Vと同時制か未来時制。受動。「~されること」
having p.p.は、Vより過去時制。能動。「~したこと」
having been p.p.は、Vより過去時制。受動。「~されたこと」
でしたね^^

あと、require〜の意味は??
「re=何度も」「quire=want欲しい」→何度も欲しい欲しい欲しいと言う→要求する、必要だ、でしたね?


次回チェックするよ〜。
しっかり覚えておいてね〜。

バイバイキ〜ン♬
___________________________________

本人に合わせた細かいところまで手の届いた指導は我が塾まで!
他の塾には絶対無理です!!!!!
やれるもんならやってみい。

|

今朝の復習メール

実は結構自分の塾の宣伝って難しいのですが…
今度、フリーペーパーに広告を出してみようか、なんて考えてます。
でも塾のCMって難しいんですよ。
ぶっちゃけると、お客様にあたる人たちが「商品の内容をわからない人たち」じゃないですか。
なので表面的な広告を信じてしまう。
マスコミでNo1の評価、だとかいうのとか。
その実際の内容がどうか、というのもよく知っていますが、まぁ訴えられても面倒(勝てますが時間がもったいない)のでここでは控えますが…
私などから見ると、「何故そんなところに行く?」とか思ってしまいます。
教えている側の言ってる内容が分かったとして、その内容では不十分だろ?という内容なんですよね。
本当は100ある内容なのに、50〜60程度までしか行けないという内容。
それを指摘すると悪口と聞こえてしまう。
悪口を言った、と感じただけで、事実と無関係でいやがる方もいらっしゃる。
なので抑えるしか無かったりする。
つらかったりしますね〜……
私の一意見ということで無料体験に来て頂ければお話も出来るのですが。


まぁ、そんなことを言っていても仕方ないので今朝送ったばかりの復習メールなど。
これも実はCMかな。
これも中学生用ですね。
何気に不特定多数にも結構学力向上につながるCMかも?(細かい説明は復習メールという性質上省いているのですが)

______________________________________
○○君おはよ~!
復習メールっす!!


A or B or C or D or E

A and B and C and D and E

上のようなとき、最後の一個のor and以外はカンマに出来ます。
A, B, C, D(,)or E
A, B, C, D(,)and E
のようになります。
or andの前に勢いでカンマをつけてしまうことがあります。(本当はつけないけど、最近は多い)

現在完了は、過去と現在を足した時制。
意味は「完了・経験・継続・結果」
訳にも過去と、現在が出るんでしたね?
完了「~したところだ」
経験「~したことがある」
継続「ずっと~だ」
(結果「~してしまい、今…だ」)
詳しく言うと………
「~した」→過去、「~ところだ」→現在
「~した」→過去、「~ことがある」→現在
「ずっと」→過去、「~だ」→現在
「~してしまい」→過去、「今…だ」→現在

それにhave p.p.は見たまんまで判断も出来るんでした。
「~しちゃった」(=過去)「~を持っている」(=have)
これでも意味が非常に良く分かりましたよね。
haveなんだから過去の副詞とも一緒に使えなかった(I have a pen yesterday.はおかしいですよね)。

以上のこと、ばっちりかな?
絶対忘れてはいけません。
次回の授業で聞くので必ず覚えておくようにね!
__________________________________________

皆さん、良い一日を!

|

2009年11月19日 (木)

昨夜の「復習メール」

授業で説明したことなので、かなり内容をはしょってあり、いきなり見た方には分かりにくいでしょうが…
授業を受けた人間の記憶を呼び起こして定着するのが目的なので、その点はご容赦ください。
昨夜送った復習メール。
これは…中高一貫校の中3の男の子へのメールです。
_________________________________

「日」に付く前置詞はon

「月」に付く前置詞はin
でしたね?
訳は「~に」です。
15日に=on 15th
11月に=in November
となります。


've got=haveでしたね?
've gotは見かけは現在完了ですが、意味はhaveと全く同じで現在形の意味になります。
現在完了と勘違いしないように!

_____________________________________

あとは、分詞について、浪人生への復習メール。
現在分詞は「未完了(一旦〜してまだ終わってないこと)」「能動」を表します。(「現在」は表していない)
過去分詞は「完了」「受動」「心・感情の状態(喜んでいる、がっかりしている、驚いているetc.)」「怪我の状態(怪我をしている)」を表します(「過去」は表していない)。
※(ただし、心、感情、怪我の状態のときは、もう形容詞として扱うのが本当です。でも見かけは過去分詞なので、我が塾では分詞の項目でも扱っています)
現在分詞は、未完了、能動を表し、過去分詞は完了、受動、心感情怪我の状態を表す、と教えてもいいのですが、自分の塾なので「未完了能動分詞」「完了受動・心感情怪我の状態分詞」と覚えさせています。
この方が名前を覚えれば問題が解けるようになるのです。
……ということを徹底的に教えたことを前提に、次のメールはこんな感じ:
_________________________________________
分詞の名称は…なんでしたっけ??覚えてますか??

………
現在分詞は「未完了能動分詞」
過去分詞は「完了受動・心感情怪我の状態分詞」でしたね!
名前を覚えることで解答が分かります。
「あ、何か受け身のニュアンス……ということは『完了受動・心感情怪我の状態分詞』じゃない??」とか「心の状態っぽい……。なら『完了受動・心感情怪我の状態分詞』じゃない??」とか、「~~している……、ということは未完了……。『未完了能動分詞』じゃない??」のようにわかります。
__________________________________________

これで記憶が定着し、理解度さらにアップ!
皆、頑張って〜!

|

2009年11月18日 (水)

最近こういうことを始めました〜〜〜復習メール

授業では分かったつもりでも、なぜかテストで点数がとれない…

これは記憶が完全に定着してないから。
記憶の定着を狙って、授業でやった内容を確認する「復習メール」を強制的に送りつけることにしました。
返信は不要。
しかし、必ず目を通すこと。
次回の授業で口頭で(必要によりペーパーテストで)、記憶が定着したかどうか確認するようにしています。
先週から始めたのですが、かなりの手応え。
頑張って欲しいです。
一応、実例。
長文読解で関係詞の非制限用法が出てきた生徒に送ったものです。:
______________________________________________

関係詞+(S)V~を「形容詞節」と言います。
形容詞節、の前後にカンマ、またはダッシュ(ー)で囲まれていない→限定用法
形容詞節、の前後がカンマ、またはダッシュ(ー)で囲まれている→非制限用法
これらは大丈夫かな?

限定用法の訳し方:
the man whom I know very well
これなら「形容詞節→先行詞」の順に訳す。
whom I know very well→the man
「私がとてもよく知っている人」となります。

非制限用法の訳し方:
Jack, who is very kind,
これなら「先行詞→形容詞節」の順で訳します。
そして形容詞節にand(そして)、but(が)、though~(~なのですが)、because~(~なので)の4つのどれかを付け加えて訳します。
なのでJack→who is very kindの順で訳します。
そしてwho is very kindにandかbutかthoughかbecauseのどれかを付け加えて訳します。
「ジャックは、とても優しいのですが」「ジャックは、とても優しいので」のように訳します。
接続詞が4つ。
この4つがand,but,though,becauseであること。
これが非常に重要です。


頑張って下さい!
_____________________________________________

|

2009年11月13日 (金)

冬期講習のお知らせ

冬期講習の日程が決定しました。
冬期講習
三大予備校以上の明確で具体的な授業です。
是非ご一考ください!

|

2009年11月 3日 (火)

塾のホームページ、デザインを一新しました

文字の多いものからデザイン一新!
シンプルなものにしました。→新ホームページ
我が塾は難しい内容をシンプルな基準で解き明かして行くという塾。
なのに文字が多くて読みにくいのでは我が塾の実態に反する。
なのでシンプルにしてみました。

私も東京で長年予備校講師をやってましたが、どうも東京の予備校、塾、学校は難しく教えている。
私が予備校から離れたのは、うさん臭い事務員とうさん臭い講師がどうも結託している。
良い職員に限ってそれらに対して厳しい態度を取れないのです。
私は授業だけやってとっとと帰る、生徒の質問があったらとことんつき合うけど、という考えでしたから、事務員と結託なんて考えたことも無かった。
どうも最近は事務員と仲良くしないと予備校内で認めてもらえないらしいのです。
こうなったらシンプルな塾(講師と生徒のみ)を作っちゃえ!
陰で文句を言うのではなく、理想を実現してしまえ!と一念発起して作ったのが我が塾です。
学び、とは先生、生徒、何らかの筆記用具があれば(もしかしたら筆記用具も要らないのかも…。私は一応まだ使ってますが)学びは出来るのです。
シンプルって気分良いですよ。

今、冬期講習の案内を作成中です。
是非多数様のご参加をお待ちしています。
シンプルに分かるようになりますよ(・∀・)イイ!

|

2009年11月 2日 (月)

映像授業に出演して来ました

早稲田&慶応の直前講習です。

関東以外の配信です(中京地区、関西地区、中国地区だそうです)。

もしご覧になれるチャンスがあったら是非受講してみて下さい。

一発逆転の秘術てんこ盛り。
オススメですよ〜!!!

映像授業に出演して来ました

|

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »