« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

参考書進捗情報

YouTubeの撮影はほぼ終わり、書き起し作業に入っております。
関係詞は12講あるのですが、全て無料で公開。
関東だけでなく、東海、近畿、九州からもご予約頂き感謝しております。
目からウロコ、内容が濃密で驚いた、未完了の概念もなるほどと驚いた、といったお言葉を頂いております。
こちらこそありがとうございます。
関係詞は、日本語で行われる授業では間違いなく世界一であると自負しています。
見て頂ければ、あれ以上はないと納得して頂けるはず。
この説明以外関係詞の説明はありえない、という内容です。

……この言葉をおおげさと思った方。
是非とも動画をご覧下さい。
そうお思いになったことを恥じ入られることになります。
何しろ発見した自分が感動している内容で、これ以上はありえないと断言できるものです。
感動したならば、是非参考書のご購入をお願いします。
他の不定詞、分詞、分詞構文、動名詞、仮定法、複合関係詞、疑似関係代名詞も同レベルの内容に仕上げてあります。
¥1470+送料は、この本がそこら辺の本屋で手に入るものではないことを考えれば恐ろしいほどのバーゲンプライスです。
ご購入して絶対に損はありません!!!

|

2012年3月13日 (火)

塾長が出演している講座紹介

塾長の池田ですが、名古屋に本部のある「さなる予備校」さんの映像授業(@willといいます)に出演しております。
東大英語と早稲田英語、慶応英語です。

お近くの方で受講可能な方、是非受講されてみて下さい。
一生懸命講義をしていますので。
東大でなくても、国公立で下線訳がある大学、長文読解が大変な大学、早慶でなくても東京六大学や関関同立、南山や私の母校の上智にも使えるテクニック、あと弊塾で使用している文法知識を丁寧に明確に具体的に教えている映像授業。
一見の価値はありますよ。

そもそもさなるさんは○進衛星予備校の一番の大口の顧客だったのですが、不満を感じてご自分で立ち上げた、という気概のある予備校さんです。
聞いた話では、売り上げが全国で2位、利益率では1位の学校なのだとか。
是非映像授業の分野でもトップを取ることをお祈り申し上げます。

私がこういう類いの授業に出演ということで驚いている方もいるでしょうが…
私が予備校と関わるのはこれが最後でしょう。
一人の責任で、責任の所在が明確な中で仕事をするのが好きな私が組織の中に入るのはあまり向いてないですし。
入るとしたら……こちらの考えていることを事前に読み取って、最高の気配りを出来るスタッフを配置してもらい、そのスタッフが現場を盛り上げ、そして私をさながら神のように扱ってもらわないと[冗談ですが]。
今回のさなるさんが最後のご奉公になると思います。
さなるさん、また話がありましたらどうぞよろしくお願いします。

YouTubeでいろいろな映像を見させてもらいましたが…
この種の授業でいい授業とか期待しない方がいいですよ。(私の関係するものは大丈夫です)
超有名英語講師が平気で「所有格の関係代名詞はwhoseしかない」と断言していたり。
所有格の関係代名詞はof whichという形もあります。
これは厳密には所有格ではないという批判も成り立つとも言えなくはないのですが、一般的な説ではない。
ならof whichについて言及して、その上で所有格ではないと立証しないと。
彼はご自分の言う「関係代名詞なら不完全な文が続く」というルールと整合性が成り立たないからof whichは無視したんです。( the house the roof ( )( ) is redで答えがof whichになるのですが、形容詞節はthe roof以下。文はthe roof is redと完全なんです。これが彼の理論では説明がつかない。私のYouTubeを見て頂ければきちんとof whichも説明しております。)
何か情けない……英語学科で英語が専門の方。
知らない訳は無いのですが。

学校探しをしている方。
塾・予備校の先生だからといって正しいことを教えている訳ではないのです。
いわゆる英語で日本のトップの大学を卒業している超有名講師からしてこのていたらく。
そんなこと言われても、分からないから探しているのだ…とおっしゃると思います。
そこがつけ込まれているのです。
一度直接映像でも生でその講師の授業を体験すること。
そして「そんなものなのかもな」とか「わからないけど入ったらわかるようになるのかな」と思ったら止めること。
なるほど!と思えたらどんな小さな塾でも入ること。
これが重要です。
情報をしっかり集めて、正しいことを言っている先生のいる学校を選んで下さい。
納得のいくことを言える能力を持っている人間を見つけることです。

|

2012年3月12日 (月)

関係詞の動画全てYouTubeにアップしました

1331517844264.jpg

写真はYouTubeの管理ページです。
関係詞の動画は全部で12になりました。
複合関係詞、擬似関係詞は一般公開はしません。
写真には仮定法もありますが、こちらも弊塾の本を購入してくださった方専用の動画です。
関係詞など弊塾の考え方はおそらく世の中に革命を起こす、と私は思ってます。
学校の先生・塾・予備校の英語講師は、参考書に書いてあることをなぞるだけ。
しかもその参考書もおかしかったりする(だから授業が分かりづらい)。
彼らには新しいものを創造しよう、真実を探求しようという発想が残念ながらありません。

是非この動画で頭の中を整理して下さい。
分かりやすくてシンプル。本当に使える。
これで中2でもスラスラ関係詞を書いてます。
真実がわかればそうなるのです。
もう関係詞に1円も使う必要はありません。
塾・予備校・学校は関係詞に関しては完全に不要です。
実は仮定法も凄いのですが…
無料で公開すると塾生に怒られますのでやめておきます。
普通の塾・予備校などと一緒にしないで下さい。
それは侮辱です。

とにかく、是非関係詞の動画、全部で12あります。
ご覧頂ければ皆様の英語力への貢献ができると思います、
照明で苦しんでいるのですが(見苦しくて本当に恐縮です)、内容でご評価頂ければ幸いです。
是非ともよろしくお願いします。
¥1400は非常にお得です。


現在の予約は15部。
兵庫や熊本からもご注文いただき感謝しております。

|

2012年3月 6日 (火)

無料体験授業について

弊塾設立以来ずっと行ってきた無料体験授業ですが、来たる4月から¥1000の有料体験授業(体験授業を受けて入塾された方は入塾金から¥1000を引く)とさせて頂きます
体験授業だけの方は有料になりますが、入塾される方に関しましては今まで通り実質無料となります。

とりあえず無料だから行ってみるか、という方ではなく(今までおいでいただいた方がそうであるという意味ではなく、問い合わせが最近ありがたいことに増えているための事前の予防策です。人が増えるとどうしてもそういう方も出て来てしまいますので。)
塾を真剣に探していらっしゃる方に時間を割きたいと考えております。
何卒ご理解のほどをお願い申し上げます。

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »