« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年1月

2017年1月28日 (土)

最近の実績

時間がなく、あまり最近の実績を発表できていませんでしたが…

現時点では一般入試が始まったばかりでこちらはまだ不明ですが、
英検は準1級合格者2名、2級、準2級、3級も合格者が出ています(かなりの数で把握できていませんが、各級3名以上)。

TEAPも3名(そのうち1名は2種類のTEAP)が受験し、全員合格。(昨年度も2名受験し2名とも合格)。
弊塾、ここまでTEAPは100%合格率です。

推薦入試では明治学院(心理学科)、学習院大(仏文)に2名合格。
2名とも一般入試でも十分に合格できる大学だったので、正直勿体無いな、という気持ちもなきにしもあらずですが素晴らしい成果です。(心理学科は明治学院で最高難度の学科ですし、学習院の仏文も私の世代だとクイズダービーの篠沢教授がいらっしゃった看板学部。お二人とも素晴らしいです。)

今年もこのまま合格者が多数出てくれると信じています。

今年も早慶、明治、医学部で有望な生徒さんがいらっしゃいます。
このまま是非栄冠を勝ち取ってください!

|

2017年1月27日 (金)

体験授業のお申し込みをお待ちしております。

現在、下記日程にて生徒募集を行っております。

中々席が空かない塾で普段ご迷惑をお掛けしております。
現時点まで、最後までいてくださった方は100%長文が読めるようになって卒業されています。
長文読解というのは実は非常にシンプルです。
是非この機会をお掴みください。
現在のところ、下記日程での募集ですが、木曜18:30〜というコマに申し込まれた方から返信がありませんので、このコマを再募集する可能性があります。
日曜正午までお待ちするというメールを差し上げました。
返信がない場合、再募集致します。

水曜14:30〜、

木曜14:30〜、

土曜16:40〜、18:30〜、※20:20〜土曜20:20〜は4月から受講可です)

|

鯨構文完全版

実は鯨構文の完全版を作成し、アップしておきました。(鯨構文完全版(YouTubeにジャンプします)

2008年に鯨構文を解明し、旧弊塾ホームページに記載しておきました。
またYouTube(旧版)でも公開し、やはり悩まれていた多くの方から「なるほど!」とお褒めのお言葉をいただきました。(ただ一通としてご返信できておりません…。すみません、この場を借りて御礼申し上げます。)
ただ、moreの前のnoを「差がない」「差がゼロだ」と説明する方々は増えましたが、肝心の「鯨が魚だというのは馬が魚だというのと同じだ」という、肯定形で訳すのが正しいというのは中々普及しません。
学校の教師は、免許を持っていることで自分が英語において万能だと思っているのです。
明治時代以来ずっと間違えているのに万能なのでしょうか。
鯨構文は最たる誤りで、それ以外にも非常に多くのミスがあります。
もっと謙虚になり、自分も学習者だという立場で真摯に英語を研究する、という態度を持っていただきたく思います。
ろくに勉強していないくせに威張っている馬鹿英語教師が多すぎます。
なに〜、私はやってるぞ、という方。
そういう気持ちが大事です。
英語を真に理解する努力をして参りましょう。
物を教える時、教える側が真実を知らないで何ができるでしょう。

|

2017年1月10日 (火)

14周年を迎えました

2003年1月10日に開塾した池田英語塾ですが、2017年1月10日で無事14周年を迎えることができました。

塾長の未熟さの故、ご迷惑をおかけする事も多々ありましたが、なんとかここまでやってこられました。
弊塾をご支援くださった方々に心より御礼申し上げます。
またご迷惑をおかけした皆々様には、心から反省し、同様の失敗がないように重々心して勤めております。

今後とも池田英語塾を何卒宜しくお願い申し上げます。

なお、東京以外の地で弊塾と全く同じ屋号の塾が存在するようなのですが、弊塾は東京の吉祥寺にしかございません。
(「はちみつレモン」が一般的な言葉の組み合わせ故にサントリーが商標を取れなかったように、「池田」「英語」「塾」という一般的な言葉の組み合わせの塾名を理由に抗議は考えていません。しかしもう少し思慮があっても良かったのではないでしょうか。東京から距離があるというのも一切関係ないでしょう。)

弊塾を設立するときに同名の塾がないか調べました。
2002年11月〜2003年1月に日本中の塾名を確認しましたのですが、演劇の塾である「池田塾」様はありましたが、「池田英語塾」は存在しませんでした。(Google検索、Yahoo!検索でも一切引っかかりませんでした。同名の塾があったら今の名前には絶対にしていません。)

どうぞ東京・吉祥寺の本家本元の「池田英語塾」を今後もよろしくお願い申し上げます。

|

« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »