« Quora池田浩巳、第2投稿 | トップページ | 夏期講習について(現塾生さんで増コマ希望の方はお早めに!) »

2023年5月14日 (日)

Quora関係代名詞の記事、不評?

Quoraに投稿した関係代名詞の記事https://jp.quora.com/profile/Ikeda-Hiromi-6

どうも不評のようです。

現段階で90閲覧、全く高評価がつきません。(書いた本人は最高の出来👍と満足)

20230514-145855

20230514-145842

 

この意味は、QuoraはYahoo!知恵袋よりも知的な方が多い。

そういう方々でも私の関係代名詞の発想は新し過ぎるということ。

 

……なので全く気になりません。(負け惜しみとかではないですよ)

フロンティアゆえ、今後は私の一人勝ちです。(これが本音)

(二つの文章を関係代名詞で結ぶのだ、って…意味がない方法論です。)

 

私が新しい方法を思いついたのは…予備校を完全に撤退して、吉祥寺に塾を出したあと(2006年12月)、2007年とかそれくらいの時期。

2009年にさなる予備校さんの映像授業に招聘された時も、旧来の関係代名詞の考え方で最初はやってました。

 

新しい方法の方がより良いのはわかっていたのですが、どれくらいの差があるのか、測りかねていたからです。

微差程度なら、旧来のもので行くか、ということで旧来の方法でした。(今と違って当時は新しいものへの反発が怖かった)

 

しかしですね、慶應大学文学部の問題を、最大60分の範囲内で全ての文章を割愛することなく解説し、訳も言え、という一見無理難題を依頼されまして…

最大60分というのは、ワンクリップ10分、最大で12分までを5本撮るのですが、旧来の方法だと12分に収まらない。

ギリギリで12分を超えてしまう。

困ってしまい…

 

ならば新しい関係詞の考え方でやってみるか!となり…

実際にやってみたらなんと12分に収まる。

しかも何本も撮っていて、こっちの方が良いではないか、ネイティブはきっとこのように感じているに違いない、と確信を持つようになりまして。(本当にスムーズに読めるのです。それに話すときも非常に楽。というより非常にナチュラル。聞く時にも非常に楽。リスニング対策にも非常に有効です)

 

二文を関係詞で繋ぐ方法は絶対にやめた方がいい。

将来損をします。

10年以上今の方法でやってきて全く破綻なし、どころかいいことだらけ。

ネイティブのニュアンスが完璧にわかる。

……こういう価値が彼らにはわからないから、Quoraの人々から高評価は望めないと思います。(だから日本の英語はダメなんだよな)

 

ですのでQuoraにアカウントをお持ちの方は、納得できたらぜひ高評価をよろしくお願いします。(納得しないなら不要です)

 

 

|

« Quora池田浩巳、第2投稿 | トップページ | 夏期講習について(現塾生さんで増コマ希望の方はお早めに!) »