« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月31日 (木)

動画販売の値段決定

うちのオンライン授業の値段を基に算定します。(9月は20%割引きます)

オンライン授業70分で税込11,000円です。

 

一本めは「スラッシュリーディング」+「方向性リーディングの解説」+「方向性リーディングの例文を使った解説」で47分14秒。(これは必ずご購入をお願いします。これが分からなければ他を見ても珍紛漢紛)

11,000円➗70分で1分当たりの料金が出ます。

157.1421857円です。

秒の部分は30秒未満は切り捨て、30秒を超えたら切り上げでお願いします。

 

ですから上の動画は47分扱い。

7,385.71429円。

小数点は切り捨てで7,385円とします。(9月は20%引きなので5,908円になります)

 

他も全て同様にします。

 

ただ、長文の場合には全て動画内で「文脈の動画を見てください」「助動詞の過去には2種類がある」の動画を見てください、と講師が言います。

この動画に関しては無料でご覧頂けます。(YouTubeを利用します。URLを知っている人だけが動画を見られる設定にします。購入した人にそのURLを見られるようにしておきます。)

 

この英文法がまた秀逸。

確かに早く読めるようにしてあります。

 

方向性は、わかってしまえば非常に簡単なこと。

それで今まで見えなかったことが見えます。

 

9月4日に発売します(決定)。

共通テストは2023年本試大問4、大問5、大問6Aをまず出します。

今月中に大問6Bも出します。

 

大問1、2、3はリクエストが多ければ出します。

 

販売は、一つの動画の販売数を1ヶ月50名様と絞らせて頂きます。

質問もお受けします。

質問は出ないように作っていますが、どうしても曖昧なところがありましたらどうぞ。

質問を受けるために人数を絞ります。

 

どうぞよろしくお願い致します。

|

2023年8月30日 (水)

中華人民共和国のお土産

処理水騒動の前に中華人民共和国に旅行に行った生徒さんからのお土産。

毛沢東語録。

Img_8733

私は資本主義者です。

外交官試験に最終面接で2年連続落とされた時に、外交官以外に仕事を考えていなかったものですから、資本主義を理解してから仕事を考えようと思い、「共産党宣言」を読んだ。(資本主義の敵こそが一番資本主義を知っているだろう、と思いまして)

私の結論は、社会主義は全員が理解して初めてうまくいく(人間はやはり煩悩の生き物です)。

それは無理です。

資本主義万歳。

 

ただ以前見たNHKのドキュメンタリー。(以下、その番組のスクショです)

その中にあったパリ五月革命でのパリの若者たちの姿。

チェゲバラ、毛沢東を信奉し、手には「毛沢東語録」。

Img_8768Img_8769Img_8754Img_8755Img_8757Img_8759Img_8760




このドキュメンタリーを見て毛沢東語録を一度手にしたいとは思っていました。(日本を裏切ることは決してしませんが)

ありがとう!

 

| | コメント (0)

動画の予定

9月4日いっぱいまでに必ず出します。

お楽しみに!(すぐには売れないとはわかってますが)

9月は20%引きとかやるかもしれません。

 

値段は塾のオンライン授業を基に計算します。

70分で税込11,000円頂いています。

ですから35分でしたら税込5,500円となります。

9月は20%引きなので35分は4,400円ですね。

 

お値段は…

内容は弊塾と同じ内容。

ならば同一の金額にしないと現塾生さんから不満が出るのは必定。

 

オンラインは70分で11,000円、通塾は80分で11,000円。

不公平のように見えてさにあらず。

実は動画には文法のおまけの動画が無料でついてきます。(通塾の生徒さんももちろん無料で見られます。ご請求ください。……でも塾と同じなので復習にしかならないので、新しい勉強をした方がいいかもしれません)

 

長文の動画の中で、「ここは『文脈』の動画を見ておいてください」「ここは『助動詞には過去形が2つある』の動画を見ておいてください」のような指示をします。

この分は料金を頂きません。

 

オンラインの70分と通塾の80分って、通塾だと若干人間的な話の部分もある。

オンラインってひたすら授業のみ。

受験のための情報量ってほぼ同じというのが私の感覚です。

 

一応1ヶ月に50名さままで受付中止。(当面はその心配は要らないでしょうけど)

質問も、動画の範囲内なら受け付けます。(質問も受け付けて完全な知識にしてあげたいので)

(「動画の範囲内」とは、動画で独立分詞構文が扱われてないのにその質問はできない、ということです。あと、悪意があるなぁという質問もご遠慮ください。……いや、こういうのは面白いかな。ただ論破してもこういう方々は謝ってくれないので寂しいのですが。私に敵意を持って質問しても無駄です。私は自分が間違っていたら簡単に認めます。プライドではなく真実だけを大事にしている。これは常に不変です。敵意を持って質問する方がいたら、相手をやっつけることには真実のかけらもない。真実を追い求めたら、有名な英語の先生方がおかしなことを言っている。それが不変の私のスタンスです。こういうスタンスってカッコよくありませんか?)

質問への回答は、ご購入者さまには、YouTubeのURLがわかる人間だけ見られる動画にしてご案内します。

 

同業者は購入をお控えください。

長文に困っている受験生さんたちのための動画です。

 

 

同業者といえば、厳しく、2016年以来コンタクトを私と取ろうとしている同業者を責めて立てておりましたが…(こちらを大変評価をしてくださっているようはあるのですが…)

申し訳ないのですが、やはり熱意はあるが力量のない方というのが私の判断(自分を本来より大きく見せようとなさった)。

 

あまりに忙しく、入塾されたい方を相当数断り、塾生さんたちに集中していたのに、私の時間を取ろうとする行為。

このことにも相当腹が立った。

しかも内容が、全くイコールではないものをイコールと言うとか、私は生徒さんの質問に分かりませんでした、応えられませんでした、あなたもそうでしょ?とか……これではコミュニケーションが成り立たない。

 

最初のメールに返信がないことには意味があります。

その時点でご縁がないと判断して頂きたかった。

(力がなくても、それを大きく見せようとせずに、私はこうだと思っているがどうか、のような書き方ならあるいは交流できていたかもしれません。残念です。)

 

厳しい言葉は、申し訳ないが正直な私の先生に対する評価です。

ただ熱意があれば、やはり生徒さんは勉強してくれる。

ご自分のところでぜひ最善を尽くして合格者を出してください。

 

私は今59ですが相手が20代でもすごい、自分より上だと思ったら敬語はもちろん、相手に自分を大きく見せようなどとはしません。

先生、あなたはそれをしました。

私はそれに非常な嫌悪感を抱きました。

 

必ずすごい人間にはそれがバレると思っています。

羽生九段は、藤井七冠が言ったことに対して「藤井さんがそう言うならそうでしょう」という言い方をして、私は最初ショックでした。

あの羽生九段が完全に藤井七冠を上に思っている。(王将戦で負けて、他のどんな棋士に対しても使わなかった「勉強になる」という言葉を使ったいたし)

 

でも相手が自分よりすごいならそれを認める。

レジェンドと呼ばれる羽生九段が自分を大きく見せないことに私はすごいと思いました。

 

そこが出発点。

私は羽生九段が100期目を迎える日も必ずあるな、と思いました。(私見)

藤井七冠がいなければ簡単に達成できそうですが、藤井七冠がいても達成できるのでは…と思ってます。(私見)

 

とにかくきつい言葉、正直なところだと思う部分と申し訳ないと思う部分もあります。

ただ、やはり返信を強要するのは…

知り合いでもない人間にどんどんメール、封書を送りつけるのは……

この点は大いに反省して頂ければとは思います。

 

ただ、ご期待に応えられず申し訳なくもあります。

でも本当に時間が取れません。

一人でやっていて、今年はなかなか経営四苦八苦(まぁ何とか大丈夫、暇を楽しんでいます。我慢する時は我慢しなくては)。

難局を乗り切らねばなりません。

 

 

とにかく!動画販売開始したら受験生の皆さま、何卒よろしくお願いします!!!

|

2023年8月29日 (火)

面白い「返信」

Img_8718

Img_8717

なかなか面白い「返信」が来た。(所属、本名を出していないもの=相手にしない。なのでXでは「返信」しません。しかしどこの誰か、自分の身分を隠してこういう事を偉そうに言う事こそ「大人として有るまじき態度」ではないか。あ、高校生なのかな?高校生だろうとダメでしょう。「人間として有るまじき態度」だというのは間違ってるかな?)

of whichは所有格の関係代名詞ではないと言うもの。

なるほど、そういう考えは確かに成立するかもしれない。

of〜が所有として意識されたことがないなら確かにそうなる。

 

ただ所有格は1250年くらいには確定していたが、同意でof 〜を後置で使うということもあったそうで(堀田隆一「はじめての英語史」p102〜103)、所有格とof 〜がどちらも同意で使われていたなら、関係代名詞でもwhoseとof whichを所有格とみなしてもいいと思いますが。(言葉は使う人が意味を伝えるために使う。所有格という意識が見られているようですので。)

ここまで調べていたのかな?

 

また、手元にある英文法書の全てがof whichを所有格と扱っている。(これらは有名な本で、決して「極少数」には当たらないと判断しますが。)

「英文法解説」(江川泰一郎著 金子書房)

「Evergreen」(いいずな書店)

「ロイヤル英文法」(旺文社)

「チャート式新総合英語」(数研出版)

「総解英文法」(美誠社)

「新自修英文典」(研究社)

THE CAMBRIDGE GRAMMAR OF THE ENGLISH LANGUAGE(CAMBRIDGE)

A COMPREHENSIVE GRAMMAR OF THE ENGLISH LANGUAGE(LONGMAN) 

 

そうなると…

「極少数の発言を取り上げて、まるで全体がそうでるかのように言うなど、大人として有るまじき態度」なので「of whichが所有格ではない」と言うのは「大人として有るまじき態度」なので却下ということになります。

 

私はどっちでもいいんですがね…(目の前にある英語を説明するだけなので)

けんさんの言っていることに従うとそうならざるを得ない。(あ、ブーメラン、ってやつなのかな、これ。)

 

それに英文科が分詞構文を副詞節、外英が分詞構文を形容詞節と私の教え子が言ったことに対してなのですが、英文科も外英も「極少数」ではないと思うんですが。

少人数が売りの上智大学ではありますが、「極少数」かはどうなのでしょうか。

「極少数」の具体的な人数、もしくは全体に対する比率を具体的にしてくれてたらさらに良かったのですが。

 

Twitterて色々な人がいるのですね。

今後も色々と来そう。

向こうがあってれば私は認めるだけです。

 

面倒な人はブロックかな、今後は。

だんだんと忙しくなってきてて時間がなくなってきています。

大事な情報発信の場を荒らされていると判断したらそうせざるを得ないかも。

 

とにかく「of whichが所有格ではない」と言うのは「そいつがそう言っただけに過ぎない」ということで。

ご本人の判断基準に従わせて頂きます。

 

私は意外に「ふ〜ん」とは思いました。

「もの」は所有することができない。

故にof〜を使う。

そのof〜を彼のように考えることはありうる。

 

ただ教える際にはof whichも含めてまとめて教えた方が都合がいい。

なのでやはりof whichは所有格にしておきたいですね。

矛盾することを言う方に従えないかな。。。

 

私が提唱している分詞の名称や関係詞の考え方も、現時点では「そいつがそう言っているだけ」。

早く「全体」がそうなるようになってくれると、英語で悩む人が減ると信じてます。

……これも「そいつがそう言っているだけ」ですね、現時点では。

がんばります!

 

Twitterの方で返信する気はないので(何かTwitterって喧嘩が多い気がして。Twitterの場は多くの人が冷静でない気がしています。だから反論的なものを書くのはやめときます。喧嘩云々は個人の見解)、でも一応ここにこちらの言い分は書いておこうかということで書きました。

迷惑ではなく、色々考えてくるなぁと感心、がまだまだ矛盾点があるなぁ、と思う次第です。

 

|

2023年8月28日 (月)

X(旧Twitter)のアイコン変更

上智大学広報グループ様からのご指摘で、上智大学の学章からX(旧Twitter)のアイコンを変更しました。

HP上で数年前に確か卒業生は自由に使っていい(商業利用の制限なしと記憶)ということで使っていました。

去年あたりにHPで確認したら、もうそのページがなく、どうしたのか?と思っていたらついに連絡が来ました。

 

個人的にかっこいいと気に入ってましたが、権利者様が一番偉い。

弊塾電話受付からの連絡は:

「本校卒業生さんでも学章を使うことは控えて頂くよう皆様にお願いをしております。
 早急にアイコンの変更をお願いします。
 アイコンを変えて頂ければ問題ございませんので折り返しなどは不要です。
 何卒ご対応をお願いしますとお伝えくださいとのことでした。」

とのこと。

ルールに変更があったようです。(私の記憶違いでない限り昔OK、今ダメ。商業利用を確認しなかったが、特にダメと書いてなかったと記憶。)

とりあえず今のアイコンにしましたが、もっといいものがあれば変更しようと思います。

 

昔、書いてもらったイラストがあったな……

あれはまだメガネをかけてない頃なので…

自分でイラストを変更できるかやってみるかな。

 

 

|

未完了能動分詞

「未完了能動分詞」という名前は優秀。

「未完了」とは「一旦〜して(〜し始めて)まだ終わっていない」という意味。

 

  He was running.「彼は」「一旦走ってまだ終わっていない(running)」「だった(was)」→「彼は走っているところだった」と「進行形」という言葉を介在せずに理解できます。

 

(ここから先は上級者向け)

またrunは自動詞。

能動という概念は受動の対比。

 

受動になれるのは他動詞のみ。

故に能動になれるのも他動詞のみ。

 

ですから自動詞の時、「能動」は無関係で「未完了」だけの意味になります。

 

 現在分詞だと、"be+現在分詞"は「進行形」で「〜しているところだ」を表す。

 現在分詞という名前からは進行形の内容は理解できません。

He was running.「彼は(=He)」「走っている(=現在分詞は「進行」を表すからだけど、現在だとなぜ「進行」?説明なし)「だった(=was)」

 

 「現在分詞」「現在分詞は進行」"be 〜ing"「進行形」「〜しているところだ」の4つの間に関係はありません。

ですから『"be+現在分詞"は「進行形」で「〜しているところだ」を表す。』と丸暗記になります。

現在分詞は「進行」を表す。

これも現在分詞、進行、と二つ無関係なものを丸暗記です。

 

それに進行は不正確。

「進んで行く」とは終わりがない。

「進行性のがん」って、もうすぐ終わりますか?

進行形って聞いて、ずっと続いていく感じがするのは皆さんお持ちの感覚では?

 

しかし「進行形」は「もう直ぐ終わること」を表します。

He is running.「彼は走っているところだ」

ずっと走るわけではありません。

もう直ぐ終わるのですが、「進行」という名前はそれを表しません。

 

正しい名前は「未完了形」。

「一旦〜して(〜し始めて)まだ終わっていない」

He is running.「彼は(He)」「一旦走りだしてまだ終わっていない(running)」「である(is)」

一旦走り出してまだ終わっていない、のだからもう直ぐ終わる。

 

未完了能動分詞なら、名前を覚えて知っている人間からサポートを貰えばすぐに完璧にできるようになる。

 

「進行」という名前、全てがバラバラで、無関係なものを一個一個繋がなくてはならない。

不正確な概念です。美しくない。

 

「未完了」は全てを有機的につなぐ。

美しい、というのが私見です。

バラバラではなく、「未完了」で全て説明がつく。

明治の初期の努力は努力として認め、ミスはミスとして認めるのが、後世の人間の取るべき道ではないか、などと思う次第。

 

 

|

「現在分詞」「過去分詞」が不適切な名前である理由

Quoraのやり取りを簡潔にポイントをピックアップします。

都合がいいところを切り抜いたんだろう?という方用に、全文はこちらを→Debateの内容

 

A=お相手 B=塾長

B: (Quoraの回答で「過去分詞という名称は噴飯物、出鱈目だ」と書く。)

 

A: 現在分詞は「〜している〇〇」と形容の動作は進行中なので現在、過去分詞は「〜された〇〇」と形容の動作は完了しているので過去といっているだけで、これもご自身が書いてるとおり「present」「past」を訳しただけです。ネーミングセンスとしてどうかはわかりませんが出鱈目とも問題あるネーミングとも思えません。

 

B: I saw a running dog yesterday.「私は昨日走っている犬を見た」

「現在分詞」だと「今走っている犬を昨日見た」と予言者になります。

しかしl saw a running dog yesterday.で問題はない。これはなぜ?

In autumn, that place will likely be filled with fallen leaves.「秋になるとその場所は落ち葉でいっぱいになるでしょう」

未来なのに「過去」分詞?

なぜ?

 

A:いわゆる時制の一致で説明できると思います。それぞれの時制を決めているのは分詞ではなく

それぞれのメインの述語動詞です。

その時制を基準にその光景を想像すれば、犬は走ってませんか?落ち葉は落ちてしまってませんか?

 

B:>その時制を基準にその光景を想像すれば、犬は走ってませんか?落ち葉は落ちてしまってませんか?

  全くおっしゃる通りです。

「時制の一致」、素敵な考え方だと思います。

 

  故にpresentは「居合わせている」、pastは「完了」という意味になります。

  それに基づく名前をつけるのが正当ではないかと思います。

 

  分詞は時間とは無関係。

  述語が時間を決める。

  その時間帯における様態を表すのが分詞で、時間を表す役割を担っていません。

 

  やはり時間の概念と無関係の準動詞に「現在」「過去」という時間の概念を想起させる名前は不適切です。

  他の準動詞には時間の概念の名前はついていません。

  完了不定詞、のように完了はありますが。

  なのに分詞には時間の概念の名称がついている。

  整合性がありません。

 

  past participleのpastを「過去」と訳すのは明治時代の英語学習黎明期の誤訳です。

 

  1983年上智大学イスパニア語学科のイスパニア語の文法の授業で小林一宏教授から受けた講義です。

「分詞は時間の概念とは無関係。現在分詞、過去分詞というのは、明治の初期にドイツ語で書かれた英文法書を日本語に訳した。その際、現在、過去と訳したのだが、それにあたるドイツ語では問題がない。しかし日本語では時間と関係してしまい問題がある。故にイスパニア語学科ではそれぞれ「未完了分詞」「完了分詞」と呼ぶ」

 

  未完了とは「一旦〜してまだ終わっていない」ことです。

  これが非常に優秀な概念です。

 

  He was running.「彼は」「一旦走ってまだ終わっていない(running)」「だった(was)」→「彼は走っているところだった」と「進行形」という言葉を介在せずに理解できます。

 また「居合わせている」ことも十分に表していると考えています。

__________________________________

 

 

……こんな感じです。

まだAさんからコメントが来て、私が負けて「現在分詞」「過去分詞」にする可能性はゼロではないですが、論理の破綻はないと思います。

「時制の一致」という考え方まで出せるAさんはお世辞ではなく、優秀。

 

でも「過去」は今の時点より前のことを指します。

ですから「今」を基準にしか出来ません。

 

「完了」は基準時点があり(現在でも過去でも未来でも大丈夫)、それより前のことを表せます。

He will have arrived in N.Y. /by this time tomorrow.彼はNYに着いてしまっているだろう/明日の今頃までには

「明日の今頃までには」という未来の一時点までに完了したことを表せるようなものです。

明日の今頃までに、N.Y.に着くことが完了した(arrived in N.Y.)を持っていることになるだろう(will have)というのが「彼はNYに着いてしまっているだろう/明日の今頃までには」です。

 

過去分詞=今よりも前、では上の文に当てはめることはできません。

「明日の今頃に私はニューヨークに(今より前に)着いた(=arrived)、を持っているだろう(=will have)」っておかしいですよね。

HeはまだN.Y.にいないのに、過去(今より前)にarrivedしているわけですから。

完了なら問題がありません。(述部の時点を基準にした「完了」ですから。)

 

 

「完了」という様態を表す言葉と、「過去」という時制、時間を表す言葉を混同しているのが日本の英語です。(Aさんもそうでした)

 

準動詞(分詞、不定詞、動名詞の3つのことを指します)は いずれも時間とは関係がありません。ですから「現在不定詞」「過去不定詞」は存在しません。

「現在動名詞」「過去動名詞」も存在しません。

時間を表さないからです。

 

 

なのに「分詞」になると、突然「現在分詞」「過去分詞」が出てくるのです。

整合性がありません。

 

 

to visit Kyotoで時間は分かりません。(過去のこと?現在のこと?未来のこと?わかりません。Vが出てきて初めていつのことか確定します。)

なのに「現在不定詞」とか名前がついていたらどうでしょうか。

I wanted to visit Kyoto.「私は京都を訪問したかった」

過去形の文なのに「現在不定詞」?

おかしくありませんか?

 

んなわけない。「現在不定詞」なんて変なこと言うな!アホか、池田!……と言われるでしょう。

 

何言ってる。現在分詞ってあんたらもやっているじゃないか。

He was running.「彼は走っていた」

過去形の文なのに「現在分詞」?

同じじゃないか。

んなわけない。「現在分詞」なんて変なこと言うな!アホか、日本中!

 

とお返しします。

 

分詞は時間と無関係。

上智大学外国語学部イスパニア語学科は「現在分詞」「過去分詞」をそれぞれ「未完了分詞」「過去分詞」としています。

池田英語塾ではそれぞれを「未完了能動分詞」「完了受動分詞」ととりあえずしておきます。

 

 

現在と過去の塾生さんたちは、あれ?少し変えた?と思われると思いますが、まぁ一般に出すならこの方がとりあえずはいいと思います。

一応皆さんに教えている名前と矛盾なく説明できます。

世の中、surprisedは「分詞形容詞」だそうですし。

 

 

とにかく!「現在分詞」「過去分詞」は不正確。

私の言うことを信じた方がいいですよ。

 

 

今でもThere are a lot of fallen leaves in the park.「その公園には多くの落ち葉がある」

これを「その公園には多くの落ち葉があった」と訳した早稲田予備校の生徒さんを思い出します。

 

 

「過去分詞」があるから過去形で訳したの?に対して、「はい」と頷きました。

この生徒さんだけでは無いと思います。

「現在」「過去」という不正確な名前をつけるからミスの可能性が出てくる。

「未完了能動」「完了受動」というある時点での様態を表す言葉であることをきちんと説明し、その後で多くの例文にあたれば、時制と無関係と理解し、英語を正確に理解できるようになるわけです。

 

 

ドイツ語の英文法書を誤訳した人の名前はわかりません。

小林教授に聞いておくべきでした。(鬼籍に残念ながら入られております。大変お世話になりました。合掌)

 

 

私が文法でしていることは丸暗記ではなく、全てが矛盾なく繋がるように平坦にすることです。

分詞は私の考え方が平坦です。

 

 

「過去分詞」って、「完了」と「受動」を表すんだったよな……名前と内容に接点がありません。名前以外に機能を覚えなくてはなりません。(そして「過去」と勘違いする恐れが常にある。しかもそれを東大教授、NHKの英語の講師という錚々たる人達が使っている。間違っているのに。間違っているのが言い過ぎなら、誤解を招く名前なのに。)

完了受動分詞……名前が内容です。機能を新たに覚える必要がありません。

 

 

後者は普及していないだけで、はるかに優秀な、比べることすら愚かな、完璧な名前です。

不正確な、誤解を招く名前である「過去分詞」「現在分詞」は、、、この名前、やっぱり私には無理です。

非常に気持ち悪い名前です。

 

 

しかし頭のいい人との議論は私は気持ちいい。

クレーマー(?)でもロジックがある。

ロジックがある人には、例え負けても気持ちいいです。(今回は…おそらく負けてはいないと思います)

 

 

|

2023年8月27日 (日)

中央大学経済学部150点満点中132点

中央大学志望の生徒さん。

経済学部の英語、150点満点中132点!(本番と同じ時間でやってもらっています。そのため写真のラストの英作文は時間が足りず、生徒さんは0点と採点したのですが、私が採点して2点と判断。加点して132点です)

Img_8669

今の時点で、本番と同じ時間でこの点数。

来年の本番は、真面目に満点狙えます。(狙えと言ってあります)

 

早慶は受けないの?と聞いたら、中央大学の学食のタワー(?)が気に入って、是非とも八王子の中央大学がご希望だそうです。(なので都心の法学部も行きたくない。なかなかユニークな基準ですが、本人が満足することが重要。文句はありません)

英語で落ちることは絶対にないので、他の科目をぜひ強化してください!

|

Quoraで返信は結局なし…かな

「過去分詞」と言う名称を「噴飯物」「出鱈目」ということでクレームが入り、それに対応したのですが…→Debateの内容

返信は結局いただけないようです。(Debate部分は、ブログの記事の下の方に全部あります。頭のいい方、もしくは「過去分詞が出鱈目?ふざけるな!」という方、ぜひご覧ください。)

 

ご本人はQuoraで他のところで投稿しまくり。

20230827-183239

スクショを撮ったのは8月27日18:32

なのでお元気のようです。

しかしお返事を頂けない。

これは…

一応、もう反論できない=こちらの勝ちなのかな。

 

ならば「噴飯物」「出鱈目」なのが正しいということになる。

こちらとしては「噴飯物」「出鱈目」を責め立てられたので、もしこちらの言い分が正しいのなら謝って頂こうかと思うのですが…

「噴飯物でしたよね?」

「出鱈目でしたよね?」

 

ぜひ「確かに噴飯物でした」「出鱈目でした」というお言葉を頂きたい。

まぁ文句つけるだけで反省なしかな、このタイプは。

こちらが絡んでいってもいいのだが、流石になかなか時間がない…

 

昔、神戸の翻訳家の方から指摘されて、それは神戸の方が正しく非常に助かったことがある。

ご本人が、自分は帰国子女で色々なCMなど企業に英語でおかしいことを言っていたら指摘のメールを送る。

確かご自分で「クレーマーだ」とおっしゃっていたような…(PCが一回クラッシュしてデータ全てなし)

 

私がきちんと対処したことを褒めていただいた事がある。

企業は全く反応してくれないと愚痴ってらっしゃった。

せっかく教えてくれているのにもったいない話です。

 

今回の方も一種のクレーマー気質のある方。

こういう方は私は嫌いじゃない。

結構論理を大切にしてくれる。

だからこちらも安心して話せる。

その上で私が間違っていたら、謝罪し、修正するだけ。

 

まぁ今まで、私のような「地上最強のクレーマー、揚げ足取り」の相手をした事がないのでしょう。(クレーム、揚げ足取りの範馬勇次郎を自称しています )

 

上には上がいるということ。

これで私がこの後に負けたら…謝罪し修正します。

 

ただ、クレーム、揚げ足取りで科学は前進、進化してきた。

(りんごは落ちる、月は落ちない。なんで?→万有引力の発見[この逸話が本当なら])

 

私が最高に苦手なのが、非論理的な、思い込みの人間。

まぁこれを具体的に書くとまた汚い表現になるのでやめておきます。

 

科学、学問の世界では揚げ足、クレームは大切です。

 

「過去分詞」は「完了受動分詞」(塾生さん達はわかるが、外部にはこの程度の名前でいいでしょう)、

「現在分詞」は「未完了能動分詞」と呼ぶのが内容にあった名称。

まぁ広まらないでしょうけどね。

自分のところだけでやります。

 

しかし時制と関係ないのは準動詞全て。

動名詞、不定詞も時間を表すことはない。

だから時間の名前はついていない。

 

現在不定詞、過去不定詞、とか、現在動名詞とか過去動名詞って言わないですよね?

完了不定詞、完了動名詞はある。

過去分詞はせめて完了分詞程度には直してもらいたい。(不十分だけど)

 

 

|

2023年8月26日 (土)

汚い言葉で本当にすみません

変なEメールを発端とする件で汚い言葉で、塾生さん、ご父兄様には本当に申し訳ありません。

2016年のメールのようです。

私には全く意味不明なメールで、しかも以下のような内容

先生は「もし私が鳥なら、洗濯物を取り込んでおいて」というパロディを綴っていらっしゃいますが、私は生徒さん方に頻繁に「明日は雨ならば、今日の夕食はラーメンにしてね」と言っています。』

 

「もし私が鳥なら、洗濯物を取り込んでおいて」というのは、命令文(洗濯物取り込んでおいて)の前提の条件は、起こり得ると話者が思っている条件が来ます。(直説法が来ます。「雨が降ってきたら、洗濯物取り込んでおいて」のように。)

「もし私が鳥なら」という仮定法(話者があり得ないと思っていること)の条件節は来ないということが言いたいのです。

 

日本ではIf should〜「万一〜なら」が「仮定法」扱いですが、これは直説法だと言いたいための説明です。

「万一雨なら、洗濯物取り込んでおいて」。

成立します。

故に日本で仮定法扱いのIf should〜は仮定法ではなく直説法です。

 

さてさてこの人物の「明日は雨ならば、今日の夕食はラーメンにしてね」……

……全然関係がありません。

なのに書いている本人は自信満々で、私はこれで説明している、と主張。

どうみても「もし私が鳥なら、洗濯物を取り込んでおいて」と「明日は雨ならば、今日の夕食はラーメンにしてね」の共通点が私には見えません。

これが同じ??

 

これを見た瞬間にもう私の頭はこの人物への嫌悪感。(何言ってんの?この人。めちゃくちゃ言ってて自信満々。一番嫌いな、超苦手なタイプです。話が通じません。会話が出来ません。こちらが先方に授業をすることになります。無料で授業なんて出来ません。そんなレベルで私より上だという口調。)

なのにしまいにはクジラ構文も先生のお説通りであると判断していますが、先生の説明にプラスした私の意見も後日付させて頂きたいと思います。 」

 

「プラスした意見」?

私のが足りないということか?

「明日は雨ならば、今日の夕食はラーメンにしてね」な脳なのに?

非常に失礼、無礼な文言ではないか?

 

このメールを無視するのは当然。

なのに2020年頃?この頃から今度は封書で来る。

怒りも湧きましたが、一気に怖くもなりましたね。

 

そんなの当然開封もしない。

でもそれがどんどん来るんです。

神経おかしくなりますよ。(まぁ結構精神強いんで大丈夫ではありますが、普通の人間なら神経参りますよ、これ。)

 

それが今週も来た。

もうこちらも限界を超えてしまいまして。

 

本当に汚い言葉申し訳ありませんでした。

 

 

 

これを読んでいるであろうヘッポコ教員よ。

 

続きを読む "汚い言葉で本当にすみません"

|

池田英語塾に合う生徒さん

池田英語塾に合う生徒さんは、熱意さえあれば誰でも。

 

①ただ優秀な高校の生徒さんが悩んでいるのを見ると、優秀な学校の生徒さんで英語に悩んでいる生徒さんが一番良いかもしれません。

以前在籍していた女子学院の生徒さんからは「初めて英語の授業を受けた気がします」という言葉を頂きました。

それまでは、なんとな〜く参考書でも言っているようなことを耳にして、それを結局自分で再構築しなくてはならなかったそうです。

結局自習と同じ。

なのに池田英語塾では全て解説して納得がいく。

「初めて英語の授業を受けた」となったわけです。(東大理II合格)

 

②次は受験の中堅校の熱心な生徒さん。

熱心なら必ず道は開けます。

変わった名前を使いますが、それをクリアーしてください。

この変わった名前の方が適切なんですよ。→証明

 

③次は、優秀な学校の英語ができる生徒さん。

自信満々でしょうが、全国模試で満点取れてますか?

私は1991年代ゼミ第2回私大模試で満点、全国1位を取っています。(偏差値80.8。未確認ですが、生徒さんが少ない今なら85.8に匹敵するらしいです。)

中途半端な知識ではなく満点をとりに行きましょう!

「過去分詞」「現在分詞」……これらの名前は中途半端です。→証明

「証明」を読んで納得できるならぜひうちに!

過去には西高の生徒さんかな。偏差値81まで行きました。

今も高3で偏差値80超えの生徒さんがいらっしゃいます。

「宿題何がいい?」「難しい問題お願いします」

……頼もしい!

 

④次は、受験校ではないが大学に行きたい方。

以前、実践女子大に行きたいという方がいらっしゃった。

高校の偏差値も高くなく、来た時の学力も低かった。

でも1年間ずっと通ってくれて、見事に実践女子大に合格!

あれは本当に嬉しかった。

 

⑤これ以外でも、やる気があれば、何を言われてもついて来る気があるなら問題なし。

 

一緒に頑張ってみませんか?

ご応募お待ちしております!

 

|

Quoraでまだ返信なし

一つ前の記事で「過去分詞」という名前が「噴飯物」「出鱈目」という言葉に激怒された方とのDebateの返事はまだ頂いていません。→一つ前の記事

頭が良い方です、間違いなく。

一番の私のとっての見せ場が以下のエンジ色のフォントの部分。

 

>その時制を基準にその光景を想像すれば、犬は走ってませんか?落ち葉は落ちてしまってませんか?

全くおっしゃる通りです。

「時制の一致」、素敵な考え方だと思います。

故にpresentは「居合わせている」、pastは「完了」という意味になります。

それに基づく名前をつけるのが正当ではないかと思います。

 

分詞は時間とは無関係。

述語が時間を決める。

その時間帯における様態を表すのが分詞で、時間を表す役割を担っていません。

 

やはり時間の概念と無関係の準動詞に「現在」「過去」という時間の概念を想起させる名前は不適切です。

他の準動詞には時間の概念の名前はついていません。

完了不定詞、のように完了はありますが。

なのに分詞には時間の概念の名称がついている。

 

整合性がありません。

past participleのpastを「過去」と訳すのは明治時代の英語学習黎明期の誤訳です。

 

「居合わせている」「完了」という部分で頭のいいかたは全て気づく。

自分が間違っていたと。(……のはず。私の上を行っていたらそうではないかも。でも論理的に考えて、破綻は見当たらないので、おそらく私の考えの通りではないかと)

多分東大卒とか海外の大学卒とか、そうでなくても努力して相当の学力になられた方。

だから、私の予想の上をいく反論を今考えられているはず。

 

私より上を行かれるなら私は「現在分詞」「過去分詞」を認めてこのかたに弟子入りします。

まぁ拒否されたら泣く泣く諦めますが。

 

うちの塾にストーカー的に粘着している英語教員のジジイのような、しつこく相手をしてくれという迷惑行為はしません。

(生徒さん、ご父兄様、ここからはひどい、お聞き苦しい言葉が続きます。ここはぜひ塾生さん、ご父兄様は読まないでください。私の怒りが大きいもので、何卒お許しください。)

続きを読む "Quoraでまだ返信なし"

|

2023年8月25日 (金)

[空席情報8/25/2023]

[空席情報](8/25/2023 6:35p.m.)

月曜   20:40〜22:00

火曜 15:00〜16:20 20:40〜22:00

水曜 17:00〜18:20(9月から)

木曜 15:00〜16:20

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

4名様のお申し込みで他のコマの受付も終了いたします。

(お好きなところをお選びください)

熱心な方の受講をお待ちしております!

(ご父兄様だけ熱心な方は困ります。必ずご本人が熱心であることが必須条件です。)

 

応募の際、Gmail禁止です。

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

_____________________________

 

|

Debateの内容

なんとかアップできました。

 

 

Quoraにあげたのは、塾生さんたちに教えている半分のみ。

名詞~edの時の見抜き方ですが、文の一部で見抜くルールのみバラしました。

文全体で見抜くルールは企業秘密で上げていませんので、塾生さんたちはご安心を。

 

一応、8月25日16:55時点で、Debate相手の先方からの返信はありません。

結構こちらを屈服させようという圧がすごい方でしたが、論理的な方なので私はこういう人は好きです。(ちょっと無関係なことも入れてこられてますが、知識自慢であることも私はOKです。)

 

「明日ラーメンなら今日は〜にしてね」だったっけ?

このへっぽこ文章が「私が鳥なら、洗濯物取り込んどいて」(命令文の前提の条件が仮定法になることはないという説明)と同じであるように書いてくる方と天と地ほどの差があります。

お年寄りに遠慮して、分かったことにしてあげるなんて出来ません。

語学学習で嘘をつくわけにはいきません。

これで私と同等か、私以上だと自己評価している英語教員には相当私は激怒しています。

あんた、全然力無いよ。

 

塾生さん、ご父兄様にはお見苦しいところを……

勝手に色々一方的に送りつけられ非常に不快な思いをしていて、わかってくれればなぁと今まで「私の時間を取る人間は出禁!」とか暗に書いてきたのに全く理解していない。

故にダイレクトに怒りを表現しております。

何卒お許しください。

娘さん、息子さんがストーカー被害にあっていると思ってください。

怒りが湧きませんか。

それと同等と何卒扱っていただければ甚幸です。

 

一応、「過去分詞」「現在分詞」が不適切な名前であることは説明し切ったと思っていますが…

「居合わせている」「完了」を見た時に相手の方の脳を揺らしたと思っていますが。

自分は真実が分かりさえすればいい。

論破されたら「現在分詞」「過去分詞」に修正します。

 

「現在分詞」という名前は本当に不正確、丸暗記を強要します。

覚えることが増えるのはマイナスですよね。

「未完了分詞」はその名前を覚えれば、進行形(正しくは未完了形)をすぐさま理解できる。

差は果てしなく大きいのですよ。

わかって頂ければ、こちらも嬉しいし、理解された方にも大きな利得があります。

 

|

分詞のDebate

Quoraで「過去分詞」の名称を「噴飯物」と書いたらコメントがつきましてDebateになってます。→debate中(コメント欄を見てください)

なかなか論理的な方なので実は私は結構こういうのが好きだったりします。

やり込められたら「過去分詞」に名前をするかも?

写真を貼ろうとしたら、ココログは使いにくくて順番通り上がらない。

上がるようになったらここに写真を貼ります。

 

私はやり込められても構わない。

真実だけ知りたい。(「真実はいつも一つ!」)

さてどうなりますか?

 

しかしアルコールが入っている時に書いたので、軽率な書き方をしてしまいました…

過去分詞が噴飯物の名前だというのは本心なんですが、まぁ別の書き方もありましたね。

コメントを書いてくれた方は相当優秀。

「時制の一致」の考え方など、本当に素敵な考え方。

しかしその考え方によると、Present ParticipleのPresentは「居合わせている」Past ParticipleのPastは「完了」という訳語が適切。

分詞は時間とは無関係なのです。

 

実は準動詞(不定詞、分詞、動名詞)全てが時制とは無関係。

to visit Kyotoで時間は分かりません。

なのに「現在不定詞」とか名前がついていたらどうでしょうか。

I wanted to visit Kyoto.「私は京都を訪問したかった」

過去形の文なのに「現在不定詞」?

 

んなわけない?変なこと言うな?アホか、池田!

何言ってる。現在分詞ってあんたらがやっているじゃないか。

He was running.「彼は走っていた」

過去形の文なのに「現在分詞」?

同じじゃないか。

「現在分詞」?んなわけない。変なこと言うな!アホか、日本中!

 

このように時間と無関係の準動詞に時間の名前をつけることがおかしいのです。

それを東大教授とかNHKの英語講座の先生とかみんながやっている。

だから「噴飯物」なんで、決して間違いではないんですが…

でもまぁ気をつけます。

 

追記ですが、分詞は現在、過去と時間の名前がついていますが、他の準動詞には過去、現在という時間の名称はついていませんよね?

整合性がありません。

これも分詞に時間の名前をつけることがおかしいことの論拠になるのでは、と思っています。

 

|

共通テストの動画は9月上旬より販売予定

何年も前から出す出すと言っていた動画が9月上旬にはついに販売できそうです。(よほどの事情がない限り)

 

 

昨年かな、すでに動画を出している業者さんからメールを頂きお話を伺ったのですが、う〜ん、これはダメかな…と言うことでこのお話は見送りました。

その方に「共通テストの動画を出してらっしゃいますが、大学入試センターから著作権の許諾はもらったのですか?」と聞いたら「共通テストは許諾いらないんですよ」????

な訳はないでしょう……

これで断ったわけではなく、

先方「スラッシュは切る場所さえわかればすらすら読めるんですけどね」

私「(どこで切るか正確に)知ってま〜す」

先方「……分かりません」(←本当にこういうお答えでした)

……私の方こそ分かりません。

 

正確に切る場所を知ってると言っている人間が前にいるなら「分かりません」ではなく「教えてください」だと思うのですが。

その言葉がないなら、なぜ私に声をかけてきたのか私の方こそ「分かりません」。

初めて会うのにオンラインを指定してきたことであまり印象もよくありませんでしたし。

こういう状況ではありますが、一回は、特に初回は顔を合わせるのがベターではないかと。

 

この話し合いの翌日にメールが来ましたが、それには返信はしませんでした。

返信がない=協業をする意思はない、と分かって頂けたようでその後の連絡は無し。

安心しました。

 

安心?どういうことかと言うと、こちらの「無言」「反応なし」の意味を理解してくれる人間=常識はある方だったようです。(でも著作権の許諾はしなくてはなりませんよ!これも「常識」。)

(ある程度オンラインのことがわかっている方、スラッシュの価値がわかっている方と協業できれば、こちらも楽ができると期待したのですが‥。正直、なかなか自分のメガネにかなう仕事をできている人間が見当たりません……)

 

たまに「無言」「反応なし」の意味がわからずますます相手の迷惑になる人間がいます。

女性アイドルに、ファンレターの返事がないとか、相手をしてくれないとか、しつこくしつこくするストーカーみたいな人間。

そうはなりたくないものです。(キッパリ諦めて他に注意を向ければいいだけ。世の中もっといいことは他にもあります。少なくとも人の迷惑になってはいけません。ストーカー行為をやめたらポッカリ空間が空いてしまうのでしょうが、それは自分の責任。相手のではない。自分で処理しましょう。)

 

あ、話が脱線。

ぜひ長文で困っている受験生に買ってもらいたい。

 

同業者には買って欲しくありません。

同業者の相手はしません。

私は自分の頭でやってきた。

あんたらも自分で頑張れ。

(同業を嫌う理由がありまして……。しつこいストーカーみたいな正式な英語免許を持つ英語教員の方。はっきり言って私はこの方と話したくない。一回メールが来て、それは読みました。しかしあまりに話のレベルが低すぎる。例えば、If should「万一〜なら」は仮定法で教わるが、実は仮定法ではなく直説法。理由は、命令文の前提条件になれるから。「万一雨が降ってきたら、洗濯物取り込んでおいて」と言えますよね。命令の前提が仮定法で「もし私が鳥なら、洗濯物取り込んでおいて」などとはならない。命令文の前提は直説法なのです。これを読んで以下のような内容のメールが来ました。『先生は「もし私が鳥なら、洗濯物を取り込んでおいて」というパロディを綴っていらっしゃいますが、私は生徒さん方に頻繁に「明日は雨ならば、今日の夕食はラーメンにしてね」と言っています。』という内容……意味不明です。条件節は仮定法でないし、時系列がおかしいだけ。少なくとも私の「もし私が鳥なら、洗濯物を取り込んでおいて」 という例文と接点が全くない。私がおかしいのかと思い、生徒さんたちにも何人にも聞いたのですが、やはり「意味がわかりません」「この人大丈夫ですか?」「キモいキモい、この人なんですか?」。最初のメールで意味不明なこの低レベル。もちろん私はこのような方の相手をするのは苦痛でしかない。こんな内容を送りつけていて、『クジラ構文も先生のお説通りであると判断していますが、先生の説明にプラスした私の意見も後日付させて頂きたいと思います。 』と上から目線で締めくくる。お前の意見なんて要らねえよ!と塾長大激怒。当然黙殺していたら……数年してから、しつこく何通も封書を送られてみなされ。同業者を警戒するのも仕方ないのです。状況を知らない方には不快な内容で申し訳ないです。こういうことを書いて評判、印象が悪くなったら、この人物は営業妨害でもある。本当に迷惑。……………自分は大丈夫だ、というご同業の方なら歓迎です。ただ一回は目を通します。それでこりゃダメだ、と思ったら同じ人物のメール、封書は2度と目を通しません。1通目に全身全霊をかけて文面を書いてください。ストーカー教員、2度とこちらには関わるな。次回封書送ってきたら警察に行くからな。民事で訴えて相当の金を出してもらうぞ。……あ〜、こういうのも時間の無駄…。こちらを神のように思っているなら、神の邪魔をするな。力がない英語講師と話すことは、こちらが講義をするのと同じことになる。無料で授業を受けようというのか?ふざけたことを言わないで欲しい。)

|

2023年8月24日 (木)

When have we looked this hot and gotten along this great?(When〜?と現在完了が一緒に使われることあり)

 

現在完了形と一緒に使えない表現としてWhen〜?「いつ〜なのか?」があるとされています。

Img_8546

Evergreen(いいずな書店)

 

Img_0888

英文法大全(KADOKAWA)

しかし、8月いっぱいで御昇進のために退塾される社会人の方との授業でFuller Houseを使っていたのですが、以下のような表現が。

Img_8336_20230904151601

When have we looked this hot and gotten along this great?

「こんなに魅力的で、こんなにうまくやってたこといつあったかなあ?」

Whenと現在完了形が一緒に使われています。

「こんな経験をいつしたっけ」というニュアンスならWhen〜?と現在完了形は共起することができます。(=ジーニアス英和辞典でよく出る表現ですね。「一緒に使える」という意味です)

 

言葉は意味を伝えます。

その意味が伝わるなら原則なんでもいい。

それがよくわかる一節でした。

 

あ、これは上記の本を批判する目的ではありません。

原則として上記の本の記述は正しい。

しかし決めつけないで、頭を柔軟にして、「意味が最優先」と考えてネイティヴの使う表現を聞いて、こう考えている時はこういう言葉の使い方をするのね、と意識することが重要です。

 

語学では頭を柔軟にすることが重要です。

 

|

2023年8月22日 (火)

体験授業進捗

月曜20:40〜のコマは体験授業が終わりお返事を待っているところです。

英語に困っている高2の方。

正直、他に行ったら相当苦労するだろうなぁというタイプにお見受けしましたが、こればかりは私が決めることではない。

入って頂き一緒に戦えればいいのですが。

 

昔は進捗状況をいちいち書いていたのですが、今後は特に書く必要がなくなったと思っていますので、気が向いたときに書くと思います。(今回は気が向きました)

 

塾のTwitterで書いたのですが慶應のキャッチャーのフレーミングは酷くありませんか?

高校野球って教育の一環なのにあれはいいのか?なんて思うのですが。

審判を騙そうとしているのでは?

この記事に賛同します→フレーミング

 

どうも新潟代表の中越vs慶応(2018年)で、主将の三塁手がタッチしていないのにタッチをアピールしてアウトの誤審を引き出そうとしたのが今でも引っかかっていて慶應を応援したくないのです。→中越vs慶應

それにキャッチャーがミットを動かすことと合わせて、高校野球の精神と慶應高校は何か違うと感じています。

谷繁捕手のようにピタッ!と投球を止めて審判が判断しやすくしてほしい。

VAR導入はもう仕方ないことでは。

公正であることが教育になると思いますが。

|

2023年8月17日 (木)

Asが≧は間違い

asを≧としている本はこれら→asは≧と言っている本

He is not as tall as I.「彼は私ほど背は高くない」He<I

notを取ればHe≧Iになるはず。(真逆になるので)

しかし

He is as tall as I.「彼と私は同じ背だ」He=I

 

この謎(<の逆が≧ではなく=。なぜなのか)を解けなかったのが私以外の世界中の英語業界(日本だけではないのです)。

下の2冊(非常に著名な文法書です。知らない人はモグリと言われても仕方がないレベルの本)のうちの一冊にも同様のことが書いてあって、その根拠がお粗末。(実は探したのですが見つからず…発見次第証拠として再度書きます)

51z9lcvvbnl 51jwzpbbbhl_sx354_bo1204203200_

その論拠はHe is as tall as I.なら正確に同じか否かがわかるが、He is as intelligent as I.だと明確な基準がない。

だから「大体イコール」なのでasはat leastのニュアンスで、少なくともイコールなので≧だ、と書いてあった…という記憶です。

He is as intelligent as I.「彼は私と少なくとも同じくらい頭がいい」なので、He≧Iだ、なのだそう。

 

おかしいです!💢

 

inteligentだとat leastのニュアンスが入り、tallだとat leastのニュアンスが入らないのだそうです。

 

いちいち考えるの、面倒くせ!!💢

 

それに大体イコールならでもあるがでもあるじゃないか。

なぜ≧だけ採用するのか。

アメリカ人もアホか。

 

結局、否定文で<になるので、その辻褄合わせのために肯定文は≧なのだ、という強弁詭弁をやったということ。

こんなの信じないでください。

間違いを正しいと信じることは、正しいことを言っている人間を傷つけることになります。(塾長は徹底的に自分の理論を疑い、現状問題なしと判断しています。間違っていると証明してくれればすぐ謝罪し訂正します。…まぁ無理でしょうが)

 

ブラックホールの存在を数学的に証明したチャンドラ-セカール(1983年ノーベル物理学賞)を、師匠のアーサー-エディントンが徹底的に批判したのと同じです。(アーサーエディントンのせいでブラックホール研究が40年遅れたと言われています。もちろんチャンドラ-セカールが正しく、アーサー-エディントンは間違っていました。)

アーサーエディントンは勝手に定数を数式に加えるのでアーサー-アディントン(addは「付け加える」という意味)と呼ばれていました。

asで勝手にat leastを付け加える(add)のもアディントンだと思いますがどうよ?

 

答えはもちろん池田英語塾・推奨の「匹敵するくらい」

He is not as tall/ as I.「彼は匹敵するくらい背は高くない/私に」He<I

He is as tall as I.「彼は匹敵するくらい背が高い/私に」He=I

He is as intelligent /as I.「彼は匹敵するくらい頭がいい/私に」He=I

 

全て「匹敵するくらい」で上手くいくのは私だけに見えている錯覚でしょうか。

私は少なくとも上記の日米の参考書をasに関しては超えています。

 

はい、「な訳ないだろう、吉祥寺にある一人でやっている英語塾がケンブリッジの文法書以上のわけないだろう」と思った方。

証明してください。

私は、上記の本が間違っていること、自分が正しいことを証明しましたよ。

 

なおコメントは実名、所属を述べた上でお願いします。

(言葉に責任を持てということです。)

| | コメント (0)

2023年8月16日 (水)

[空席情報8/16/2023]

[空席情報](8/16/2023 12:16a.m.)

火曜 15:00〜16:20 20:40〜22:00

水曜 17:00〜18:20(9月から)

木曜 15:00〜16:20

月曜20:40〜は体験授業のお申し込みを受け付けました(11:15p.m.  8/15/2023 )

杉並区のO様、16日中にご連絡致します。

 

・オンライン受講も可能です。65分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

4名様のお申し込みで他のコマの受付も終了いたします。

(お好きなところをお選びください)

熱心な方の受講をお待ちしております!

(ご父兄様だけ熱心な方は困ります。必ずご本人が熱心であることが必須条件です。ご本人がやる気がない方は来ないでください。いわゆる「やる気スイッチ」をこちらで入れなければならない方は、判明次第、一回警告ののち再度警告辞めて頂きます。ですからご両親様だけ熱心で無理に入塾させても無駄です。是非ご本人がやる気になってからおいでください。)

 

応募の際、Gmail禁止です。

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

_____________________________

 

|

2023年8月11日 (金)

スペイン語の数字

上智大学外国語学部に入ったときの目的の一つが「人体実験」。

ゼロから、日本語ができるようになったようにスペイン語を学習しよう。

(「日本語」という成功体験をスペイン語に生かそう。英語は、出鱈目な内容をろくに喋れることができないおじさん、おばさんが教えて、結果非常に苦労した。ここからの反省です。英語の先生を信じず自分でやった方が成績が上がるってどういうこと?こんな英語とはおさらばして、自分の考えが正しいか人体実験をしてみたかった)

 

その一つが「風呂で0から100まで数える」。

子供の頃によくやりませんでしたか?

このおかげで数字がソラで言えるようになった。

スペイン語も同じようにしよう。

 

uno,dos,tres,cuatro,cinco,seis,siete,ocho,nueve,diez,once,doce,trece,catorce,quince,……(スペル…40年ぶりくらいに書いたので合ってるかな?)

今でも言えます。

銭湯に通った7年間。

ずっとやりましたね。必ず。毎回。

 

これ以外でも、ひたすら「スペインでは5歳児もスペイン語を話せる。5歳児でわかるルールだ。難しく考えないでルールを見つけよう」としていました。

接続法はなかなか難関で、大学がある四ツ谷からバイト先の虎ノ門まで歩いて、その間ずっと考えましたね。

5歳児が直説法と接続法が区別できる。

簡単なイメージがあるはずだ、言葉があるはずだ。(ブツブツブツブツ………一応バイト先直前で閃きました)

 

側から見るとある意味怖い?怪しい?大学生だったと思います。

こうやって大学3年の夏にはバイト先のアメリカ大使館横のホテルのスイートにお泊まりのスペイン大使館一頭書記官の方から奥様にご紹介いただく時に(それまで30分間手抜きなしのスピードでスペイン語で話しかけられ対応しました。全部当時は理解できましたね。当時は……(ToT))、El habla español perfectamente.とご紹介いただくレベルに。

(面と向かって褒められる時は「下手」。紹介の時にこう言われるのは「本当」。自分でも当時は「完璧」と思ってました)

(このように留学せずにペラペラ喋ることができるようになりました。人体実験成功です!そういえば清水憲男名誉教授も同様のことを授業でおっしゃってた。清水教授は、初めてスペインに行った時に、お前何年スペインにいるんだ?5年か?と聞かれたと授業でおっしゃってた。大きな励みになりました。いい教授陣[みんな日西ペラペラ。あ、Rey先生は日本語ダメか。それ以外]で習うとしゃべられるんですよ。日本の英語はおかしいんです。なぜしゃべられない人が教えてるのか???)

 

この語学脳で今は日本の腐った英語に取り組んでいます。

相当日本の英語ってひどいです。

 

私を信じてください。

私の英語は正確です。

|

中国語も教えてます

今年の夏は、アメリカなど海外に行かれる生徒さんが多い。

私は海外はいまだに台湾のみ(飛行機が苦手。奇しくもその原因は日航機の事故。明日ですね…。上から酸素マスクがずらっと降りてきている光景を飛行機に乗ると思い出してしまいます)。

いい体験をしてきてもらいたいと思います。

 

中国に行かれる生徒さんもいる。

今はスマホにDeepLでも入れておけば困らないのですが、やはりタイムラグがある。

頭の中にDeepLを入れる=話せるようになるのが一番。

と言うことで中国語の数字の勉強をしました。

簡単な文章、発音は教えられます。

Img_8128

私は中国語の発音はネイティヴと同じです。(自分で言えるくらいすごいです。日本人の中国語だと聞き取れません。ネイティヴの中国語だと大丈夫です。)

それで徹底して覚えてもらいました。

こちらの生徒さんにもいい体験をしてきてもらいたいです。

(中国語、間違っていたらご指摘ください)

| | コメント (0)

2023年8月 9日 (水)

as、関係詞のQ&Aも追加

as、関係詞のQ&Aも追加しました。

asのQ&A 関係詞のQ&A 鯨構文のQ&A

西きょうじ、関正生、竹岡広信(ドラゴン桜の英語の先生のモデル)あたりがasは≧と言っていて、これはマズい、と思いまして。

それは非常に面倒臭い考え方でしかも間違っている。(asのQ&A読んでくださいね〜)

 

その道の権威が面倒くさくて間違っているので、プトレマイオスの天動説みたいです(本当に天動説の描く宇宙は面倒です。コペルニクスの地動説はシンプルなのですが。)。

どうせ吉祥寺の小さな塾なので全国への影響力は皆無。(本当は、うちだけが知っているすごい内容を公開しているので…もっとバズっていい内容なのですが、しませんねぇ。)

でも「asは=」、『=は「匹敵するくらい」』、で全て解決ができる。

 

どうも英語の偉い先生は自分が間違っていても韓国の諺「嘘も100回言えば本当になる」を具現化したような存在ばかり。(私は間違っていたら謝ってすぐに修正します。必ずやってます)

間違いと分かっても今更修正したら本人の権威が下がるので絶対にしない。

(すると堂々としているから分からない方々はそれで正しいのかな?と、ミスリードされてしまう。)

小さい塾ながら、こういう人々には抵抗したいと思います。

 

私は日本一の揚げ足取りの自信があります。

その私が自分の考え方の揚げ足を取って考え出したのがQ&Aのやり取りです。

それ以上の揚げ足があったら必ず訂正しますので、ぜひご指摘お願いします(まぁ無理でしょうけどね)。

 

|

2023年8月 8日 (火)

塾長の夏期講習の思い出&過去問はいつから?(池田流)

夏期講習は、高2と高3に受講。

 

高2は、新潟からわざわざ「特急とき」に乗って駿台予備校に。(上越新幹線が開通する前年です)

全然授業がわからない…

お一人だけ数学で有名な秋山仁先生の冒頭の部分だけよくわかったが、秋山仁先生でもその後よくわからない……

かなり絶望しました。

(秋山先生の授業で「今甲子園開催中。何試合あるか分かる?」という質問への解答が「なるほど!」。「負けチームと試合数は一致。2敗するチームはいない。負けないチームは優勝チームのみ。他の48チームが負けるのだから48試合」という趣旨の解説だった。お、これはこの後も期待できるか?!と思ったのですがダメでした…。)

 

駿台での経験から得た教訓は、予備校の名前なんて関係なし、優秀な先生、人間から習わなくては分からない、ということ(冒頭部分だけでしたが、やはり「なるほど!」という体験は気持ちいい。これをさせてくれるのは「学校」ではなく「人」です。)。

 

そこで高3は、まだ全盛だった旺文社ラジオ講座の先生がずらりと並ぶ栂池サマースクールへ。

わかりやすい先生が多かったが、毎日顔ぶれが変わる…

一回だけの授業って…

 

ここで得た教訓。

わかりやすい先生から毎日習わなくてはダメ。

 

幸運にも浪人はせずに済んだので、この教訓を活かすことはなかったのですが…

さて今の受験生はどうだったのかな?

いい夏が過ごせたでしょうか?

(「学校」を信じていい結果の方もいらっしゃると思いますが……。それでもいい「人」に出会えたから。よかったですね。)

 

過去問ですが、夏の間に必ず第三志望くらいまでは最新の問題を解いておくといいですよ。

あと半年間を過ごす最終目標地点を今のうちに体感しておかなくては。

今の時点では多分ボロボロの方がほとんどです。

それで構いません。

そのあと、じっくりとその最新の問題をじっくり分析です。

その分析であと半年どのように過ごすかが見えてきます。

 

心中する参考書を選ぶ、とか。

世の中の評判では決めてはなりません。

私、それで選んで時間を無駄にしました。

最新の過去問を解いて、ボロボロになって、分析して、心中する参考書を選択、がベストだと思います。

 

その他の年度の過去問はどうするか…

いつ開始?

どんな順番でやる?

 

まぁそこまでタダで教えるわけにはいきません。

ご父兄様たちが苦労して稼いだお金を払ってくださっている塾生さんたちのための知識です。

ただ10月に初めてやったら、そこから勉強の方向を変えるのは少々大変かな、などと思います。

 

私は7月下旬に上智大、早稲田大の過去問を解きました。

英語は早稲田は楽勝(昔は簡単でした)、上智は50%程度しか解けず真っ青になりましたね…

そこで分析して残りの半年の方向づけをしました。

そのおかげで受かれたと思っています。

10月とかでは遅すぎます。

|

2023年8月 4日 (金)

振替ルール追加(17条)

(17)月謝の納入日(銀行振込は前月27日、月謝袋の場合には前月の最終授業日)に遅れた方は、塾長に判断でその後の授業をお断りする場合があります。

…を追加しました。→振替制度

納入が遅れている方がいても、こちらから退塾にする条文がありませんでした。

 

振替制度は、生徒さん、ご父兄様にお願いしているルールですが、塾長自身も縛っているルールです。

そのため、念のために追加しておきました。(あくまで念のためです。)

何卒よろしくお願いいたします。

 

あと、浪人生を募集するよりも、現役生でも来られるコマの方がいいだろうということで月曜20:40〜のコマを募集することにしました。

本来振替用のコマだったのですが、ここを募集することにしました。

今は夏期講習真っ盛りですからすぐには応募は来ないでしょうが、お盆過ぎに動くと思います。

どうせ予備校とかの夏期講習の長文なんてロクでもないので、早めに見切りをつけた方がいいと思いますよ。

|

[空席情報8/4/2023]

[空席情報](8/4/2023 6:57p.m.)

月曜   20:40〜22:00(9月から)

火曜 15:00〜16:20 20:40〜22:00

水曜 17:00〜18:20(9月から)

木曜 15:00〜16:20

 

 

・オンライン受講も可能です。65分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

4名様のお申し込みで他のコマの受付も終了いたします。

(お好きなところをお選びください)

熱心な方の受講をお待ちしております!

(ご父兄様だけ熱心な方は困ります。必ずご本人が熱心であることが必須条件です。ご本人がやる気がない方は来ないでください。いわゆる「やる気スイッチ」をこちらで入れなければならない方は、判明次第、一回警告ののち再度警告辞めて頂きます。ですからご両親様だけ熱心で無理に入塾させても無駄です。是非ご本人がやる気になってからおいでください。)

 

応募の際、Gmail禁止です。

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

|

2023年8月 3日 (木)

9月からの空きコマ調整中&英文法♾️倍&Writingの優秀性のキャッチフレーズ

9月からご栄転の為に退塾のご夫婦のもう一コマを現役生用の時間に調整してます。

現役生が通える時間帯の方が反応がいいだろうと考えています。

 

英文法∞倍。

見たら叩かれるようにわざとやっているようで、きちんと根拠あり。

・鯨構文は、否定で訳すのはどういう言葉に対する返答なのか考えれば答えは明らか。(もちろん肯定形)

・ofは単なる「の」ではない。全体から一部を取り出すイメージばかりネットでは見かけるが、それだけでは不十分、不完全(塾長はすでに解明)

・なぜ「彼がそれをやたのかもしれない」がHe might do it.ではなくHe may have done it.なのか。(丸暗記ではなく、なぜそうなのか理解が重要)

・現在完了形は日本語にない時制。ここまでは正解。なのになぜ「過去」という日本語にある時制の言葉で説明するのか?現在完了と過去には接点がない、全く別の発想の時制。故に「過去」という言葉を使った時点で間違い。全ての参考書が間違えている。(まぁ試験で点数は取れるでしょうが、それと英語が本当にわかるというのは別次元)

こういうことに全て明確に答えられるのなら「英文法♾️倍」と言うのも問題ないと考えてます。

 

Writingのキャッチフレーズを考えているのですが…

倍は明確な比較対象2つが思い浮かびません。

翌日のTEAPのWriting対策をしたら91点、順天堂大学医学部を自由英作文のために諦めていた生徒さんをこちらから提案して受からせた…

これらと何を比較したらいいのか、比較対象の点数は何点なのか。

ですから今回は〜倍ではなく、簡単な日本語でそれを表そうとしているのですが、難航しています。

とりあえずTwitterは「神以上」としておきましたが…

 

 

 

|

Writingは何倍?

読解速度4倍、単語力10倍、文章読解力100倍、文法∞倍…

Writingはどうしましょうか。

根拠がなければ何倍とは言えない。

 

Teap受験前日にWritingのやり方を教えてくれと言われて、100点満点で91点だった方法論。

順天堂大学医学部医学科が自由英作文があるから諦めていた生徒さんを順天堂大学医学部医学科に合格させた方法論。

確実に普通の塾・予備校よりはるかに上なのだが…

でも何倍という根拠に繋がらない。

 

う〜ん、数字に繋がる根拠があれば何倍と言えるのだが。

思案中。

何を言われてもきちんと反論できるものでなければいけないので。

人にものを言うときはしっかりと根拠を持って話さなければならない。

 

英語の講師どもはどこかおかしい。

自分だけはその毒に染まらないようにしたいと強く思う。

大学で英語学科に行かずにスペイン語を専門に選んで心から本当に良かったと思う。

 

「進行」と言う概念がおかしい、現在分詞、過去分詞は明治時代の語学学習の黎明期の誤訳であるetc.と教えて頂き、語学に対する目を養って頂けた。

この経験がなければ、私は英語を理解出来ていなかった。

(人を馬鹿と言う奴が馬鹿?そんなことはない。例えばThis is a pen.を「彼は先生です」と堂々と訳している奴がいて、それを馬鹿だと言ったら、言った人間が馬鹿なのか?根拠なく人を馬鹿と言う人間が馬鹿なのだ。根拠なく「人を馬鹿と言う奴が馬鹿」ということを信じている人間こそ馬鹿じゃないか。馬鹿なことを言うな、馬鹿者が。)

 

 

学んでいる方々も、しっかりとした目をもちなさい。

「鯨は魚でないのは…」なんて解説している動画に「初めて鯨構文がわかりました」だと?

何がわかったのか。

肯定を否定で訳していいとわかったということか?

馬鹿が馬鹿に教わってますます馬鹿になっているだけではないか。

 

肯定文を否定で訳していいなどと言っている人間を信じて同じように考えていることを、馬鹿が馬鹿に教わってますます馬鹿になっていると言っているのだ。

こんなこともわからないのか、馬鹿者ども。

続きを読む "Writingは何倍?"

|

2023年8月 2日 (水)

長岡の花火

本日と明日は長岡の花火。

誇れることが少ない(嬉しくない)、私の生まれ故郷です。

そんな長岡で数少ない全国レベルのもの(あとは…米、酒、魚[角上魚類も今では長岡市。長岡に海があるとは…]、帝京長岡のサッカーくらい?)の一つ。

高校生までは毎年当たり前のように見てました。

 

オンラインの実況で無料で見られるはずです。

私は今では毎年オンライン実況です。

 

今では看板は三尺玉ではなく、フェニックス。

あれはお世辞抜きですごい。

オンラインでもそう思うくらい。

一度フェニックスを見てみたいものですが…

まぁ暑いし、当面オンラインだと思います。

 

長岡が全国に誇れる街になれる二日間。

本当にこれは日本一。

お時間がある方は是非ご覧ください!

|

2023年8月 1日 (火)

英文法♾️倍

卒業生の東大理一さんに確認が取れました。

「♾️倍」という表記で問題ないそうです。

 

HPを更新。

比較的暇な今のうちに色々やっておきます。

2013年からずっと満席だったために相当ヘトヘトになりました。

事前にここまで混むと予想していなかった為。

 

今回は同程度に混んでも余裕を持って対応できるように今のうちに準備。

まぁこういうことをすると、皮肉に混まなかったりするのですが。

それでもしっかりと事前に準備しておきます。

20230801-131821

 20230801-131834

 

20230801-131844

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »