« 面白い「返信」 | トップページ | 中華人民共和国のお土産 »

2023年8月30日 (水)

動画の予定

9月4日いっぱいまでに必ず出します。

お楽しみに!(すぐには売れないとはわかってますが)

9月は20%引きとかやるかもしれません。

 

値段は塾のオンライン授業を基に計算します。

70分で税込11,000円頂いています。

ですから35分でしたら税込5,500円となります。

9月は20%引きなので35分は4,400円ですね。

 

お値段は…

内容は弊塾と同じ内容。

ならば同一の金額にしないと現塾生さんから不満が出るのは必定。

 

オンラインは70分で11,000円、通塾は80分で11,000円。

不公平のように見えてさにあらず。

実は動画には文法のおまけの動画が無料でついてきます。(通塾の生徒さんももちろん無料で見られます。ご請求ください。……でも塾と同じなので復習にしかならないので、新しい勉強をした方がいいかもしれません)

 

長文の動画の中で、「ここは『文脈』の動画を見ておいてください」「ここは『助動詞には過去形が2つある』の動画を見ておいてください」のような指示をします。

この分は料金を頂きません。

 

オンラインの70分と通塾の80分って、通塾だと若干人間的な話の部分もある。

オンラインってひたすら授業のみ。

受験のための情報量ってほぼ同じというのが私の感覚です。

 

一応1ヶ月に50名さままで受付中止。(当面はその心配は要らないでしょうけど)

質問も、動画の範囲内なら受け付けます。(質問も受け付けて完全な知識にしてあげたいので)

(「動画の範囲内」とは、動画で独立分詞構文が扱われてないのにその質問はできない、ということです。あと、悪意があるなぁという質問もご遠慮ください。……いや、こういうのは面白いかな。ただ論破してもこういう方々は謝ってくれないので寂しいのですが。私に敵意を持って質問しても無駄です。私は自分が間違っていたら簡単に認めます。プライドではなく真実だけを大事にしている。これは常に不変です。敵意を持って質問する方がいたら、相手をやっつけることには真実のかけらもない。真実を追い求めたら、有名な英語の先生方がおかしなことを言っている。それが不変の私のスタンスです。こういうスタンスってカッコよくありませんか?)

質問への回答は、ご購入者さまには、YouTubeのURLがわかる人間だけ見られる動画にしてご案内します。

 

同業者は購入をお控えください。

長文に困っている受験生さんたちのための動画です。

 

 

同業者といえば、厳しく、2016年以来コンタクトを私と取ろうとしている同業者を責めて立てておりましたが…(こちらを大変評価をしてくださっているようはあるのですが…)

申し訳ないのですが、やはり熱意はあるが力量のない方というのが私の判断(自分を本来より大きく見せようとなさった)。

 

あまりに忙しく、入塾されたい方を相当数断り、塾生さんたちに集中していたのに、私の時間を取ろうとする行為。

このことにも相当腹が立った。

しかも内容が、全くイコールではないものをイコールと言うとか、私は生徒さんの質問に分かりませんでした、応えられませんでした、あなたもそうでしょ?とか……これではコミュニケーションが成り立たない。

 

最初のメールに返信がないことには意味があります。

その時点でご縁がないと判断して頂きたかった。

(力がなくても、それを大きく見せようとせずに、私はこうだと思っているがどうか、のような書き方ならあるいは交流できていたかもしれません。残念です。)

 

厳しい言葉は、申し訳ないが正直な私の先生に対する評価です。

ただ熱意があれば、やはり生徒さんは勉強してくれる。

ご自分のところでぜひ最善を尽くして合格者を出してください。

 

私は今59ですが相手が20代でもすごい、自分より上だと思ったら敬語はもちろん、相手に自分を大きく見せようなどとはしません。

先生、あなたはそれをしました。

私はそれに非常な嫌悪感を抱きました。

 

必ずすごい人間にはそれがバレると思っています。

羽生九段は、藤井七冠が言ったことに対して「藤井さんがそう言うならそうでしょう」という言い方をして、私は最初ショックでした。

あの羽生九段が完全に藤井七冠を上に思っている。(王将戦で負けて、他のどんな棋士に対しても使わなかった「勉強になる」という言葉を使ったいたし)

 

でも相手が自分よりすごいならそれを認める。

レジェンドと呼ばれる羽生九段が自分を大きく見せないことに私はすごいと思いました。

 

そこが出発点。

私は羽生九段が100期目を迎える日も必ずあるな、と思いました。(私見)

藤井七冠がいなければ簡単に達成できそうですが、藤井七冠がいても達成できるのでは…と思ってます。(私見)

 

とにかくきつい言葉、正直なところだと思う部分と申し訳ないと思う部分もあります。

ただ、やはり返信を強要するのは…

知り合いでもない人間にどんどんメール、封書を送りつけるのは……

この点は大いに反省して頂ければとは思います。

 

ただ、ご期待に応えられず申し訳なくもあります。

でも本当に時間が取れません。

一人でやっていて、今年はなかなか経営四苦八苦(まぁ何とか大丈夫、暇を楽しんでいます。我慢する時は我慢しなくては)。

難局を乗り切らねばなりません。

 

 

とにかく!動画販売開始したら受験生の皆さま、何卒よろしくお願いします!!!

|

« 面白い「返信」 | トップページ | 中華人民共和国のお土産 »