« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月31日 (日)

[空席情報12/31/2023]

池田英語塾の空席or満席情報です 

_____________________________________________________________________________________

 

[空席情報](12/31/2023 11:28a.m.)

  13:00〜14:20 15:00〜16:20 17:00〜18:20 19:00〜20:20 20:40〜22:00
月曜 × × × × ×
火曜 × × × ×
水曜 × × × × ×
木曜 × × × × ×
金曜 × × × × ×
土曜 × × × ×

○=空席(応募可) ×=満席(募集してません) 

※13時〜のコマはご相談ください。可能な場合もございます。

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

・17時より前の時間帯は他の曜日でも空いている場合がございます。ご相談ください。

熱心な方の受講をお待ちしております!

 

応募の際、Gmailは禁止です。(勝手ながらよろしくお願いします。きつい言い方ですみません。「お控えください」などのマイルドな表現だと送ってくる方がいます。相当後になって、来るはずのメールが来なくて、サーバーまで行ったら一年前のGメールでの申し込みを発見などという例がありました。)

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

G-Mailご利用の方が多い中ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

 

|

2023年12月30日 (土)

タフ構文@河合塾冬期講習

うちの生徒さんで河合塾の冬期講習でタフ構文を習った。

そのことで質問を受けました。(非常にわかりやすい講師だったそうです。河合塾さんより池田英語塾の方がこと教えることに関しては圧倒的に上ですが。)

The knife is easy to cut with.「そのナイフは切るのが簡単」という文章でした。

(塾長的には違和感のある文。The knife is easy to cut bread with.のような文章ならまだ自然。「そのナイフはパンを切るのが簡単にできます」)

 

やはりIt is easy to cut with the knife.と書き換えを説明して終わり。

この点に関してはうちの生徒さんも不満(だから質問)。

 

弊塾のタフ構文の解説のみが正面からタフ構文を説明した世界初の内容と自負しています。→タフ構文

またタフ構文の解説は、to不定詞の形容詞的用法 a knife to cut bread withとか、The program is worth listening to.とか、The car needs washing.や、a man I look up toのようなものも全て同じルールで説明がつきます。

ちなみにWikiも説明不十分。(※)

 

・「説明」は説明されている単語も含めて文章を作れなくてはならない。

・「説明されている語」は曖昧なのだから、「説明」(=明確)の中に入れてはいけない。

この二つで、名詞を説明する上記の文法内容全てをカバーできます。(普通は全てバラバラ、丸暗記。)

 

池田英語塾の英語は、少ないパーツで全て説明ができる、パーツが少ないので混乱しない、頭の容量が少なくて済む、という特徴があります。

なんて言うと、暗記不要という、別の丸暗記を強要する怪しい予備校講師の授業内容になってしまうように聞こえるのですが、そんなものでは一切ありません。

論理的にただ真実を解明しているだけです。

真実は脳に非常に優しいです。

 

優秀な学校の生徒さん、英語が苦手なのは出鱈目に近いものを習ってきたから。

適切な英文法は少ないパーツで全てが有機的に結びついています。

それが池田英語塾ならわかります。

 

1月の大量募集では、優秀な学校のやる気のある生徒さんたちのご応募をお待ちしております。

 

 

(※)Wikiから引用

説明

  • (1) This problem is tough to solve.(この問題を解くのは困難だ)
  • (2) Chris is easy to please.(クリスを喜ばせるのは簡単だ)

ローゼンバウムはこの現象をtough構文と命名した。

この名は、先の(1)のような原型の例が tough という語を含むことに由来する。 先の2例において、this problem は論理的には solve の目的語であり、 Chris は please の目的語である。従って以下のようにパラフレーズ可能である。

  • (1a) It is tough to solve this problem
  • (2a) It is easy to please Chris.

 

以下塾長:

論理的にどうのこうのと言っているが、形式的には違うのだから、なぜその形式になるのかを説明しましょう。(論理的に…というのはパラフレーズすることを正当化しているのみ。形式がなぜその形なのかは一切触れていない)

肝心な部分を説明していないと思います。

私は肝心な部分を完璧に説明しています。

 

世界の学者より吉祥寺の池田英語塾です。

それを生徒さん一人ひとりに丁寧に教えております。

|

入塾キャンセル…

入塾キャンセル…

そういうこともあるのですね…(一旦入塾と言ってきた方のキャンセルは長年やってきて初めて。引き留めなどもちろん致しません。)

 

英語が得意という方が英検スコア2600狙いだそうで…(弊塾の模試偏差値80超えで英検準一級合格者さんが2300ちょいでした。大学受験の勉強のついででした。これのみに本気になればまた点数はさらに上がってくると思います。)

長文は、失礼ながら相当苦労すると思うのですが、ご自分でやることにしたということなので頑張って頂きたいですね。

 

高1、世田谷区在住の方でらっしゃいました。

もっと悩まれた時に来られるのが最善かと思います。

ぜひ頑張ってください。

|

[空席情報12/30/2023]

池田英語塾の空席or満席情報です 

_____________________________________________________________________________________

 

[空席情報](12/30/2023 11:03a.m.)

  13:00〜14:20 15:00〜16:20 17:00〜18:20 19:00〜20:20 20:40〜22:00
月曜 × × × × ×
火曜 × × ×
水曜 × × × × ×
木曜 × × × × ×
金曜 × × × × ×
土曜 × × × ×

○=空席(応募可) ×=満席(募集してません) 

※13時〜のコマはご相談ください。可能な場合もございます。

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

・17時より前の時間帯は他の曜日でも空いている場合がございます。ご相談ください。

熱心な方の受講をお待ちしております!

 

応募の際、Gmailは禁止です。(勝手ながらよろしくお願いします。きつい言い方ですみません。「お控えください」などのマイルドな表現だと送ってくる方がいます。相当後になって、来るはずのメールが来なくて、サーバーまで行ったら一年前のGメールでの申し込みを発見などという例がありました。)

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

G-Mailご利用の方が多い中ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

 

|

2023年12月28日 (木)

1月の大量募集について

1月いっぱいで受験生が一気に抜けますので、その分の募集を1月上旬に行います。(6コマか7コマの予定)

現・塾生さんでコマの移動をご希望の方はお早めにお申し出ください。

 

 

今年を振り返ると、、、池田英語塾にとってはなかなか大変な年でした。

3月に「大学受験 英語塾 東京」で全く検索に引っかからないことが判明。

しかも2年前からこの状態。(2年間口コミだけで満席でした。ありがとうございます…。今上のワードで検索してみたら9位になってました)

 

よくぞ今年の生徒さんたち、ご父兄様たちは見つけていただけました……ありがとうございます。

 

来年度はどうなりますか。

昨年までの忙しさが戻っても大丈夫な準備はしたつもりです。

 

池田英語塾の塾生さん、ご父兄様は無関係ですが、一般の方々は見る目がない。

大手予備校がいいはずだ?

とんでもない!

 

・「修飾」という概念は間違いです。これで教えていたら、その学校は不正確。(不正確な言葉で言葉を習うなんてナンセンス。なんとなくわかる、ではなくはっきりわかる、の方がベター。明白です)→❌修飾⭕️限定

・「分詞」は時間とは無関係の概念です。なのに「現在分詞」「過去分詞」はおかしくありませんか?その名前で平然と教えている学校は、それがたとえ東京大学、東京外国語大学でも私はおかしいと思いますよ。いわんや予備校をや。

・「関係詞」は、文章と名詞の関係を表しています。文と文の関係ではありません。なのに「二つの文章を関係詞を用いて一文にするのだ」という考え方をしている。おかしいです。

・「鯨構文」は、肯定文と肯定文を比べて「差がない」と言っている文章です。否定で訳した時点で絶対におかしい。大手予備校は全て否定で訳している。

 

少なくともこれらを改善していない限り(他にも数多あります)、大手予備校は英語に関して行く価値は全くありません。

正確でない内容で教えられてお子さんが成績が伸びると思っているバ○親がなんと多いことか。(失礼だと思いません。事実を指摘しております。成績が伸びたなら、ご本人が頑張ったのです。正確に教えられていたらもっと伸びたことでしょう。)

 

私より学歴が高い親御さんたちも当然多くいらっしゃるでしょう。

筑駒、灘、開成etc.→東大理三とか。

でもそういう方でも授業の進め方は、こちらに原則お任せください。(入塾後は成績が上がらないというクレームは当然お受けします。)

 

ご父兄様から指示があると、こちらとしてはやはり商売。

渋々従いますが…

例え上記の学歴でも、受験英語では素人。

先生が二人いる状態はご勘弁頂きたく思います。(船頭多くして船丘に上ると申します)

 

 

弊塾のHPの英語の考え方は優秀な方であればあるほど賛同して頂けるものと確信しております。

もしこうやって欲しいというものがあれば、ご提案として一旦塾長が受け取り、それに基づいてこちらで最善と思えるものをこちらからご提案させて頂きます。

 

一方的に塾長に要請し、塾長が受諾する様子を見ると、お子様は塾長よりご父兄様を優先するようになります。

ご父兄様がどんなに優秀であろうと、塾長から見れば素人。

素人を優先する状態は何としても避けたいと考えております。

 

順天堂大学医学部に合格した生徒さんのご父兄様は都立国立高校→東京大学理科I類でしたが、全て任せて頂けました。

もちろん成績が不調ならばすぐにお知らせください。

 

……このような内容が、塾長が新たにご応募いただける生徒さん、ご父兄様に希望するものです。

昔の上智外国語学部とはいえ、街の個人塾経営なんて落ちこぼれ野郎が!と思われているかもしれませんが、外務省の専門職員試験で最終面接まで2回行っております。(※)

それなりの頭は持っております。

バカにしないで頂きたく思います。

 

募集の時には何卒よろしくお願い致します。

 

(※)大学受験では、100%受かる自信があり、実際に受かっています。受験が楽しくて仕方ありませんでした。最終的にこういう状態を作れば必ず合格するという状態を明確にしさえすれば、今やることが明確になります。あとはただそれをやるだけ。周りから見たら非常な辛い努力をしているように見えるかもしれませんが、本人は楽しくて仕方がありませんでした。

しかし外務省の試験は辛かった…。同じように最終的な状態を明確にしているはずなのに、夏に手や足の指先が冷たくなり、みぞおちもストレスで痛い。結局、20倍の筆記試験は2回通るも、2倍の面接で2回とも落ちる。混乱しました。

今はわかります。「どういう外交官になるのか」の視点が全くなかった。ただ「留学ができる!」だけで頑張ってました。これでは受からない。外務省の人事も目は節穴ではない。

 

今なら「私は語学が得意です。語学で外交に貢献したい。田中角栄先生が築いた日中関係。私は新潟で田中先生の地元です。スペイン語が専攻ですが、中国語もできます。外務省のご事情に合わせて、スペイン語でも中国語でもどうぞ私を日本国のために存分に使って頂きたい。語学力をさらに鍛えて語学力で中国、スペイン語諸国と日本の関係改善、発展のために貢献する専門職員になりたいと考えております」なんてことを大学生の時に考えて明確にしなくてはならなかった。(田中角栄氏を称賛するような言い方で反発を喰らうとは思いますが、、、外務省なら有効ではないかなと思いこういう書き方になりました。)

 

上の内容を心に抱いた状態で大学生当時の私に戻ると…

……全くみぞおちが痛くない。

当時、いくら勉強しても不安だった気持ちが、全く不安が消える。

……気持ちを設定することに失敗していたのです。(医学部受験で辛い方も、気持ちの設定を再度されたらいかがでしょうか。辛い時は必ずどこかおかしいところがあるはずです)

 

ホテルオー○ラで大学3年の夏休みにお相手をさせていただいたスペイン大使館の一頭書記官の方から、

(一等書記官)「君がスペイン語を話し、聞けることはわかった。君は読み書きはできるのかい」

(私)「できます」

(一等書記官)「なら、私は大使館で政治の授業をしたいと思っている。君も来ないかい?」

このように誘われたことがあります。

 

外交官になりたいなら二つ返事で行くところです。

しかし当時の私は行きませんでした。

勿体無い…というより「政治?めんどくさそう……」でした。

 

ひたすら「外交」ではなく私は「語学」でした。

大学院に行ってたら「語学」ではなく何かしらの「言語学」をやることになり、私がやりたかった「語学」とは違う。

だから大学院もスルー。

 

自分の人生を振り返って、予備校での英語研究というのは最善の「語学」だったのかな、と思うようになっています。

結果として、日本の英語の様々な不備に気付けました。

故に、英語関係者からは白い目で見られていると思います。(あんたらの方がおかしい)

 

スペイン語を選んだ理由は、英語の世界に進むと、私は相当に文句を言うことになると心の奥底でわかっていたからでもあります。

生活のために英語の世界に渋々入り、やはり文句を言うことになりましたが、私の文句は正当な内容だと思います。

 

私の英語は非常に少ないパーツで英語を扱います。

 

「進行形」だと、「進行」では全ての説明ができないので「例外」が出てきます。また、近未来の予定「〜することになっている」が説明できないので、これまた丸暗記になります。

「進行形」だと覚える内容が多くなり、「例外」というのは原則で説明ができない内容ですから、無関係のものを複数覚えることになります。パーツがいくつもあります。

 

私の「未完了形」だと例外なく全てが説明できます(※)。パーツは1つです。

 

このように頭の中がスッキリして、コンパクトに整理できるようになるのが池田英語塾の英語です。

 

(※)「進行」はI am having lunch now.「私は今昼食をとっているところだ」は「進行」で良さそうです。「私は来週パリに行くことになっている」I am visiting Paris next week.は「進行」ではよくわかりません。「頭の中でリアルに進行しているから」なら、恋愛も頭の中でリアルに進行するので進行形で表せることになりますが、※I am loving you.とは言いません。「頭の中でリアル…」という説は不十分です。「近未来の予定」で使えるが「恋愛」では使えないのなら、また覚えるパーツが増えるだけです。「彼女はいつもはジーンズだが、今日はスカートを履いている」She usually wears jeans, but she is wearing a skirt today.は「進行」では無理そうです。頭の中でリアルに進行、でも厳しい。

 

一方「未完了」はどうでしょう。

「未完了」とは、「一旦〜して[〜し始めて]まだ完了していない(もうすぐ終わる)」というものです。

I am having lunch now.「私は今昼食をとっているところだ」は「一旦昼食をとりまだ終わっていない」で問題なし。

近未来の予定って、「一旦それに向けて行動をすでに始めているが、まだ完了していない(しかしもうすぐ完了する。近未来の予定だから)」ことを指します。「私は来週パリに行くことになっている」なら、パリ訪問に向けて、ホテルの予約、航空便の予約など行動を始めているが、まだパリ訪問は完了していないので未完了ですから、I am visiting Paris next week.となるわけです。※I am loving you.なら、「私はあなたを一旦愛して、まだ完了していない(もうすぐ終わる)」なんて言ったら引っ叩かれますよね。愛がもうすぐ終わると言っちゃってるのですから。ですから誤りです。「彼女はいつもはジーンズだが、今日はスカートを履いている」も、「彼女は一旦スカートを履いているが、まだ完了していない(もうすぐ終わる)」なので現在未完了形が使えて、She usually wears jeans, but she is wearing a skirt today.となるわけです。(「一時的な状態」は現在未完了形で表せる)

 

未完了形は完璧です。パーツは1つです。

進行形は不完全です。パーツがたくさん必要です。脳みその負担が増えるだけです。パーツが増えると混乱の素です。



池田英語塾の英文法は非常にシンプルです。

少ないパーツで全て説明しています。

 

英語学習は池田英語塾・一択だと確信を持っております。

 

|

2023年12月26日 (火)

[空席情報12/26/2023]

池田英語塾の空席or満席情報です 

_____________________________________________________________________________________

 

[空席情報](12/26/2023 11:11p.m.)

  13:00〜14:20 15:00〜16:20 17:00〜18:20 19:00〜20:20 20:40〜22:00
月曜 × × × × ×
火曜 × × × ×
水曜 × × × × ×
木曜 × × × × ×
金曜 × × × × ×
土曜 × × × ×

○=空席(応募可) ×=満席(募集してません) 

※13時〜のコマはご相談ください。可能な場合もございます。

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

・17時より前の時間帯は他の曜日でも空いている場合がございます。ご相談ください。

熱心な方の受講をお待ちしております!

 

応募の際、Gmailは禁止です。(勝手ながらよろしくお願いします。きつい言い方ですみません。「お控えください」などのマイルドな表現だと送ってくる方がいます。相当後になって、来るはずのメールが来なくて、サーバーまで行ったら一年前のGメールでの申し込みを発見などという例がありました。)

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

G-Mailご利用の方が多い中ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

 

|

2023年12月24日 (日)

お守りについて

受験生には、毎年お守りを差し上げています。

ただ宗教の関係でせっかくだが受け取れないという方もいらっしゃると思います。

その場合はもちろんお渡しは致しません。

 

宗教は、人の心を和らげるという意味で非常に重要な個人の哲学のようなものだと思っています。

心の平安を妨げる行為は池田英語塾は控えますので、お守りが不要な生徒さん、ご父兄様はご遠慮なくお申し出下さい。

 

(塾長はイエズス会の大学出身ですが無宗教です。)

 

 

 

|

2023年共テ第6問Bようやくアップしました

本業が忙しくなり、ついつい先延ばしにしておりましたが、ようやくアップしました。

https://note.com/ikeda_juku/n/n1391ca536eab

 

共テというテストを私はあまり好きではありません。

作者の主張を読み解くという私立や国公立大の二次試験のような高尚な問題ではなく、

解答のヒントの場所をいかに素早く見つけられるかという試験です。

TOEFLではなく、TOEIC的な試験です。

 

こういう試験の場合は、偉人の履歴の問題は別として、内容も架空のアメリカの少年のブログの内容とかで、学ぶところが少ない。

共テ以外だと、例えば最近の英検でも、恐竜が絶滅したのは隕石衝突だけではない、という新説を取り上げたりしていて、非常にためになったりする。

こういう「学び」を得られない文章が非常に共テには多すぎて、センター試験に戻していただきたく思っています。

 

センター試験の内容も架空の話が多かったといえばそうなのですが、問題形式に様々な工夫が込められていて、その工夫が楽しかった。

試験作成担当の方が全身全霊を込めて作られたことがよくわかる。

 

共テになって作成官の方の負担はずいぶん減ったのではないかと思うのですが、楽しい文章ではなくなりました。

 

一次試験である共テは、センター試験で十分というのが塾長の評価です。

二次試験で受験生の判断能力、思考能力を見極めるべきです。

一次試験で思考回路を見極めようとして、結局単純作業、機械的な作業になってしまって、思考回路を見極めることから遠ざかってしまっているのどういうことなのか。

 

また試験の変更、変更、変更、変更で受験生やご父兄様の負担を強いた愚行だと思っています。

 

ただ受験生用の英語塾としては、それでも粛々と対処して行くのみですが。

|

2023年12月20日 (水)

[空席情報12/20/2023]

池田英語塾の空席or満席情報です 

________________________________________________________________________________________

[空席情報](12/20/2023 10:47p.m.)

  13:00〜14:20 15:00〜16:20 17:00〜18:20 19:00〜20:20 20:40〜22:00
月曜 × × × × ×
火曜 × ×

×

×
水曜 × × × × ×
木曜 × × × × ×
金曜 × × × × ×
土曜 × × × ×

○=空席(応募可) ×=満席(募集してません) 

※火曜15〜は12月20日16:35に受け付けました。

※13時〜のコマはご相談ください。可能な場合もございます。

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

・17時より前の時間帯は他の曜日でも空いている場合がございます。ご相談ください。

熱心な方の受講をお待ちしております!

 

応募の際、Gmailは禁止です。(勝手ながらよろしくお願いします。きつい言い方ですみません。「お控えください」などのマイルドな表現だと送ってくる方がいます。相当後になって、来るはずのメールが来なくて、サーバーまで行ったら一年前のGメールでの申し込みを発見などという例がありました。)

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

G-Mailご利用の方が多い中ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

 

|

2023年12月10日 (日)

あと3コマです

体験授業のお申し込みを受けてあと3コマになりました。

普通はすごいと思っていただけるのでしょうが、2013年〜2022年ほぼずっと満席だったので、随分と塾長はお時間をいただけて、インプット(=勉強)ができました。

1月上旬に2月に抜ける高3生の6コマを募集するので焦らなくてもいいのですが……

 

語学は、機械操作みたいなところがあります。

少しでも早く始めて慣れたほうがいいです。

おいでいただける方には早めのご応募をお勧めします。

 

弊塾の教えている内容は一見異端児な内容ですが、実は池田英語塾の内容が正確です。

それがわかる方だけおいで頂ければ幸いです。(ということは、世の中の内容が本来はおかしいということになりますね。本当にそうなのですよ。asは「匹敵するくらい」で全て解決。英語の偉い方々が「≧」と言っていますが…はっきり言います。間違ってます。ご本人たちの弁明を期待していますが、できないでしょうね。間違っているのですから。→asについてのQ&A

 

東京、神奈川、千葉、埼玉、新潟では講師として高評価を頂きました。(1993年に教えてもらったのですが、ある進学校の生徒さんたち20名が自分に合う英語講師を探すためにお金を出し合って様々な予備校の人気講師の授業の受講証を手に入れた。それをシェアして、いろいろな予備校のいろいろな講師の授業を受けた[当時の3大予備校・代ゼミ、駿台、河合、他に研数学館、早稲田予備校、一橋学院早慶外語、武蔵高等予備校、etc.]。すると当時早稲田ゼ○ナールの私が20名中17名から1位と評されたそうです。ん?ということは受験生の数が今とは桁違いに多かった当時で、私は東京で最高の英語講師だったことになりますね。当時の池田は今の私の10分の1未満の能力ですが[類推力まだ弱い。スラッシュを引く場所も確定できていない。方向性は知っていたが、難関大の問題では不十分。文法についての知識は稚拙]。他の講師の力はさして上がってませんよ。)

 

その予備校講師時代より能力ははるかに上げてあります。

日本中の全ての英語講師より、殊大学受験英語をわかりやすく伝えることに関してははるか上を行っておりますので、共感してくださる方の入塾を心からお待ちしております。

 

(じつは私は唯一、静岡では苦戦しました。今思うとあれは予備校のスタッフどもがあまりに不勉強。もっと勉強しておきなさいよ。勉強せずに辞めようとする生徒さんを取り囲んで引き止めようとするとか、ひたすら生徒さんを引き止めようとするだけの、変な宗教団体ですよ。しかも、講師どもも陰で他の講師を潰そうと暗躍するというカオスな地区が静岡でした。国語の講師が親玉だったそうです。同じ予備校内で足を引っ張りあいして[私は断じて一切しておりません]、何を考えているのか。予備校自体がなくなったら元も子もないだろうに…。それを感知して止めることができない責任者やスタッフども…。今はきっと良くなっているかもしれませんが……私は近づきたくないですね。生徒さんに静岡出身の方はいらっしゃいますが、このような価値がわかる方は大歓迎です。当時、静岡高校[静岡No.1高校]の生徒さんからも高評価を頂きました。スタッフ[浜松の方以外]や講師どもが…以下略)

 

池田のことは信じてやってください。

キリスト教ではないですが、信じるものは救われます。

|

2023年12月 9日 (土)

[空席情報12/9/2023]

池田英語塾の空席or満席情報です 

_____________________________________________________________________________________

 

[空席情報](12/9/2023 6:36p.m.)

  13:00〜14:20 15:00〜16:20 17:00〜18:20 19:00〜20:20 20:40〜22:00
月曜 × × × × ×
火曜 × × × ×
水曜 × × × × ×
木曜 × × × × ×
金曜 × × × × ×
土曜 × × × ×

○=空席(応募可) ×=満席(募集してません) 

※火曜19〜は12月9日17:15に受け付けました。

※13時〜のコマはご相談ください。可能な場合もございます。

・オンライン受講も可能です。70分授業とさせて頂きます(前週の確認テスト5分を含みます)。

・17時より前の時間帯は他の曜日でも空いている場合がございます。ご相談ください。

熱心な方の受講をお待ちしております!

 

応募の際、Gmailは禁止です。(勝手ながらよろしくお願いします。きつい言い方ですみません。「お控えください」などのマイルドな表現だと送ってくる方がいます。相当後になって、来るはずのメールが来なくて、サーバーまで行ったら一年前のGメールでの申し込みを発見などという例がありました。)

届く時と届かない時があります。

届けば受付をするのですが、届かない場合があります。

ここでギャンブルをする必要はありません。

G-Mailご利用の方が多い中ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中学生か、高校生で基礎を学びたい方は弊塾卒業生による家庭教師をぜひご利用ください。→池田英語塾の家庭教師派遣

 

|

2023年12月 8日 (金)

コロナ、インフル、発熱でお休みの方が非常に増えています

コロナ、インフル、発熱でお休みの方が非常に増えています。

コロナで厳戒態勢だった時より遥かに多い。

 

そういや、お店の入り口とかで消毒液を見かけなくなったし、あってもお客さんたちはほぼ素通り。

感染は広がっているのに、感染対策への意識が低くなっている。

悪循環ですね。 (今後も増えると見ます)

 

みなさま十分お気をつけください。

塾長は、コロナで厳戒だった時と全く行動パターンを変えていません。

 

・移動はなるべく自家用車(通勤は車通勤です)。

・エレベーターは一人の時のみ使用(塾のビルのエレベーターでは、一人で乗っている時に駆け込んできた方がいらしたら私は降りて階段です。10回まではないですが、それなりの回数こういう事態が発生しておりまして「嫌な奴が7階にいるぞ」と思われていると思いますが…。私が保菌しているかもしれないですし、私が階段で昇っているので何卒ご容赦頂ければ幸いです。88歳、89歳の両親に感染させたら非常にマズいですし。あと定員1名を続ける理由は、実は昨年12月22日木曜日20:40〜22:00の生徒さんが12月25日日曜にコロナ発症。この生徒さんは18日〜25日の間に外出は池田塾のみ。塾までの往復は自家用車。帰りのエレベーターの後に消毒を忘れたとのこと。帰りのエレベーターで感染した可能性が非常に高いと思っています。それゆえ、エレベーターに関しては塾長は定員一名で今後も頑張ります)

・消毒液は常に携帯、随時使用

・生徒さんが入れ替わるたびに、机、スリッパはアルコール消毒、教室内は次亜塩素酸水(pH5.0〜6.0、有効塩素濃度120ppm以上)を徹底噴霧して使用

・教室内は常に換気扇を回してます

・講師と生徒さんの間にはアクリル板

・生徒さんが教室にいらしたら生徒さんの机の上に置いてあるアルコールで手指消毒していただいています

 

欠席者ですが、今週はインフルエンザ1名、コロナ一名、先週は発熱2名、インフルエンザ1名。先々週はインフルエンザ1名、発熱1名。

要警戒です!!

 

|

2023年12月 4日 (月)

祝・入塾

駿台の方は無事入塾。

∞倍は本当であるとご納得いただけたということ。

 

面倒な構文分析をした後に、文章展開がわかるとさらにスムーズに読めるという構文読解(文章展開がわからないこともあるということ)。

文章展開が先にわかった結果、スムーズに文章を読み進み、構文も容易にわかるというスラッシュリーディング、方向性リーディング®️ (文章展開がわかるのが前提ですし、必ずわかります。100%です。)。

 

全く逆の発想です。

将棋に詳しい方なら当たり前だと思いますが、手順前後は命取りなことが多い。

長文読解でも同じです。

 

長い間、日本の英文解釈は構文じゃないか?とおっしゃいますか。

長い間、日本の英文解釈は闇だったのです。

 

1981年(高2)の駿台の夏期講習でいくら時間をかけてもわからなかったのに、1981年9月にスラッシュリーディングのパンフレットを見た瞬間、0.1秒でそれまでの全ての内容が吹っ飛びました。

全部わかるのですよ。

驚きました。

 

構文はやればやるほど新たなルールが出てきて、無限のように感じ途方に暮れた。

それがスラッシュなら、頭から読むという一個のルールだけなのです。(切る場所は池田英語塾のみ明確に示すことができます)

 

構文なんて、当時の私は「騙された」「詐欺だ」というのが感想。(今は使えるところも少しはあるとは思いますが、大筋で高2の自分に同意します。)

 

話が脱線。

入塾された方が、これまでの塾生さんたち同様に長文読解の本質が習得されることに全力を尽くします。

 

手順前後で読解力は180度逆になります。

本当です。

この方法論(方向性リーディング®️ )は池田英語塾のみの方法論です。

|

2023年12月 3日 (日)

体験授業終了

上位大学をご希望の、すでに大学に通っている仮面浪人の方の体験授業を行いました。

英語以外の科目は充分できるが、英語だけで点数を落としてしまっているという方でした。

一浪のときには駿台予備学校だったそうです。

 

構文中心で長文が読めるわけがないのに本当にお疲れ様でした。

おそらく私の体験授業1回で駿台の100年分でも足りない内容をお知らせできたと思っています。

ポレポレという構文読解でメジャーな参考書で「難解」とされている文章も、40分の体験授業内で簡単に主張、内容を見抜く方法をお伝えしました。(あるわけない?いや、あるんですね〜)

 

(なんであんな面倒なことをする必要があるのか。しかしあれで大学受験に受かるとは、本当にポレポレで合格する方は頭がいい。これは嫌味ではなく、心から本当に思います。私にはあの本で合格することは無理です。ポレポレを買ったわけではなく、なぜか新潟予備校で何冊どころか何十冊も頂きまして。代ゼミ新潟校で分からなくて新潟予備校に移ってきた生徒さんから、池田の理論方向性リーディングで、ポレポレなど今後一切見る必要がないから、と私に渡して来たようです。貯まってしまって…。私はダメ参考書のお焚き上げだったようです。)

 

実は昨日の体験の内容を自分で応用して、もう弊塾に来なくてもなんとかなるという可能性もなくはない。

その時はその選択を甘受するのみ。(お世辞でなく、優秀な方だったので十分にありうる。でもうちに来た方が、手っ取り早いので来てくれた方がベターだとは思いますよ)

 

池田英語塾の元生徒さんたち、新潟予備校、一橋学院早慶外語、早稲田予備校などの私の教え子さんなら、確かに今からでも間に合うな、と思ってくださるはず。

駿台は、筆記試験は何度も受かっているのですが模擬授業で専任講師たちに気に入ってもらえず入れてもらえませんでした。

 

駿台で成績が向上しなかった生徒さんの成績を上げることでしっかりとリベンジさせて頂きます。

私の目から見ると駿台の長文の授業内容は「ムダばかり」。

そんな授業を受けることも「ムダ」。

 

さて、体験生の選択や、如何に?(一回でわかるようになるという奇跡の「方向性リーディング」。来ない場合には一回で分かっちゃった、だと思います。その時は、方向性リーディングであっという間に理解できて合格に繋がると、入塾してもらえなかったことを信じて泣いて残念がります。)

|

2023年12月 1日 (金)

「タフ構文」がなぜかバズっております

弊塾HPのタフ構文がやたらアクセスが多い。https://reading-pro.net/%E3%82%BF%E3%83%95%E6%A7%8B%E6%96%87%E3%81%A8%E3%81%AF/

4〜5年くらい前に、現役の時にうちに来ていて、浪人(まぁ都立国立高校は浪人が多いですな。国高祭に燃えますからね)していた生徒さんから「タフ構文」ってなんですか、という質問が来た。

 

それに回答した文章をほぼそのままHPに載っけただけのもの(名古屋大学に合格。さすが国高。国高の生徒さんにはまた来てもらいたいですね。高3の夏休みを全て国高祭準備に取られてしまうのはこちらとしては少々辛いですが…)。

 

(気心の知れたうちの生徒さん用の文章のため、柔らかい口調が不要と判断し、少々固い文章です。そのうち「です」「ます」調に書き換えるかもしれません。)

 

過去28日間で215クリック。

その前の28日間が67なので相当延びている。(まさかこんなマイナーなところでアクセスが増えるとは驚きました。4〜5年前に、その生徒さんのために自分の頭を整理して書いたのですが、しっかりとやっておいて良かった。)

 

Googleで「タフ構文」で検索すると第2位(一位は福岡県の塾さん。悪いが平凡な内容。私がダメだと言っている内容そのもの。なんでそんなのが全国一位なのか。こちらの塾さんが悪いのではなく、ここも「そういうものだ」とやっているだけなのですが、あまりに普通。平凡が一位とはGoogleのAIも平凡、まだまだですな。Googleが踏み込むことで日本の英語も変わるのに。AIには矛盾なく説明できているかで判断してほしい。)

 

ちなみにタフ構文とは何か(Wiki→https://ja.wikipedia.org/wiki/Tough構文

 

タフ構文の解説って、結局こういう書き換えをするんです、というところに落ち着いているのが非常に嫌で、突っ込んで解説をしてみたのです。

書き換えができたら、その構文がわかっていることになっているって、絶対におかしいですよ。

 

The question is too hard for me to solve.

→The question is so hard that I cannot solve it.

はい、書き換えできました、私は完璧です、って変ですよね。(学校に試験で点数は取れても、本質の部分はわかっていない。書き換えだけできても浅いのです)

 

書き換えではなく、too〜to…、so〜that…cannotを解説してほしいです。(上がto soleveで下がsolve itなのはなぜか、とか。「説明されるものを説明の中に入れてはいけない」で説明可能です。)

各々の内容が深くわかれば自動的に、あ、確かに書き換えできるわ、と理解できる。

 

自分が英語業界を忌み嫌うのは、例えばタフ構文なら「書き換えを解説=わかった」ではないのだ、と理解している人間があまりに少ない。

 

(「タフ構文」で検索してみてください。全てが書き換えで対応、正面から解説することを避けている。説明できないくせに、書き換えにすり替えて、説明したことにして生徒さんを騙している。生徒さん側も生徒さん側で、納得できていないのに自分が頭が悪いからわからないのだ、書き換えで対応するものなのだ、そういうものなのだと思い込む。この循環で日本人の英語力が下がる。私は間違っていないと思います。)

 

先人がこう言ったので、わかりづらいがそのまま受け入れま〜す、という凡庸な人間ばかり。

 

本当に嫌になります。

自分はタフ構文の解説は完璧だと思っていますが、これを超える解説で納得させられたら(ないと思いますがね)、それに敬意を表し、変更します。

 

英語の世界って、論破してもそのままトンズラする連中ばかりです。

私のQuoraのページで『「過去分詞」という名称は噴飯物』という言葉に食いついてきた方、Twitterで分詞構文は形容詞句と上智の外英が言っているということに対して食いついてきた奴とか、論破してもそのままトンズラ。

 

人に文句つけておいて(しかも相当な喧嘩腰で)、なのに論破された。

その時に言う言葉があります。

「すみませんでした、私が間違っていました。私には正解が見えていませんでした。狭い視野しか持っていないくせに、生意気なことを言って申し訳ありませんでした」

 

私なら言います。(本当)

そしてその方についていきますね。(これも本当)

(私なら言うという意味で、相手に強要する気はないのですが、それでも一言何か言えよとは思いましたね)

 

英語の世界は礼儀がない。

仁義がない。

本当に日本の英語の世界は嫌気がさします。

 

でも、だからこそ高校時代の私のように、訳のわからないことを言う人間に習っていて、困っている方が多いはず。

 

だから私は孤独ですが英語の世界には居続けます。

Doctor Xの大門未知子以上に私は一匹狼ですが、そのほうが色々と気づけるのです。

偏屈なのではなく、自分の脳みそを鍛えるためです。

 

私を論破できる方がいたとしたら、かなり世の通説から外れた説であると思います。

しかし完全に矛盾なく納得のできる説。

そういう方には私は必ず師事します。

 

例え年下でも、です(全てに渡って素晴らしいでしょうから、そういう方は)。

そういう方に「お説の通りですが、私の意見も加えた…」などという暴論、失礼な言は絶対にしません。

 

「お説の通り」なら、付け加えも減じることも出来ないからです。(5秒おきにやったりやめたりできる動詞が進行形、なんてrainとかresembleという例外がある。だからその後に付け加えが必要。スタサプを信じている人には申し訳ないが、これは「お節の通り」、後述の「真理」では決してありません)

 

ただ平伏し、その理論の根源の甘露を味わうのみ。

こういう理論を「真理」というと思っています。

私のタフ構文の理論はそれであると思っています。

 

(初めて読んだ方はおかしいと思うかも知れません。では矛盾点はあるのか。しっかりと検証してください。疑ったからには、ご自身の意見もまとめてみてください。その考え方は、単に書き換えを推奨するものではないのか。矛盾はないのか。しっかりと検証してください。)

 

タフ構文がわかると、This car needs washing.「この車は洗う必要がある」The prgram needs listening to.「その番組は聴く必要があるね」のwashing, listening toがなぜbeing washed,being listened toにならないのか。

This book is selling well.「この本はよく売れている」 The knife cuts well.「このナイフはよく切れる」という「能動受動態」がなぜ起きるのか。

Kyoto is worth visiting many times.「京都は何度も行く価値があるね」のvisitingも受け身のように見えるが、決してbeing visitedにはせず、visitingでいいのはなぜか。

 

ここら辺が全てつながります。

バラバラではないのです。

全てが矛盾なく説明できるなんて美しい以外の何者でもない。

 

(私のタフ構文の見解に文句のある方は、ご自身の見解がこちらまで波及できますか?多分できないと思います。それ以前に、何言ってるの、こいつ、でしょ?本当、大したことねえな、あんたらは。)

 

自分の頭の中で見つけたものですが、うちの生徒さんは皆納得済み。

脳みその容量は人間限界があるものですが、イメージとしては絶妙に折りたたんで、脳みその容量を取らないようにしている、というところでしょうか。

 

バラバラで、脳みその容量を無駄に取ってしまうなんてのが日本の英語。(構文なんてやってもやっても新しいのが出てきて嫌になります)

真理は脳の容量を奪うことはありません。

コンパクトに脳の中にすっぽりと収まります。

 

そういや、なぜかYouTubeでおすすめに「石丸安芸高田市長」の答弁が出るのですが、

石丸市長に論破された人々も一切謝罪なし。

 

……だからお前も我慢しろよ、という意味なのでしょうか(だとしたらGoogleのAIやるな。そうだとしたら前言撤回しなくてはならない)

なら仕方ない。

我慢するとしますか。(石丸市長、今後もしっかり!)

 

|

17周年

2003年1月に神奈川で塾を立ち上げ、2006年12月1日に吉祥寺にも併設。(2008年から吉祥寺のみ)

17年経ちました。

ちょうど今来てくれている生徒さんたちが生まれた頃ですね。

 

明日から18年目。

今年は知識のインプットも出来たので、今後も精進して参ります。

池田英語塾を一層のお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

|

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »