« [空席情報12/20/2023] | トップページ | お守りについて »

2023年12月24日 (日)

2023年共テ第6問Bようやくアップしました

本業が忙しくなり、ついつい先延ばしにしておりましたが、ようやくアップしました。

https://note.com/ikeda_juku/n/n1391ca536eab

 

共テというテストを私はあまり好きではありません。

作者の主張を読み解くという私立や国公立大の二次試験のような高尚な問題ではなく、

解答のヒントの場所をいかに素早く見つけられるかという試験です。

TOEFLではなく、TOEIC的な試験です。

 

こういう試験の場合は、偉人の履歴の問題は別として、内容も架空のアメリカの少年のブログの内容とかで、学ぶところが少ない。

共テ以外だと、例えば最近の英検でも、恐竜が絶滅したのは隕石衝突だけではない、という新説を取り上げたりしていて、非常にためになったりする。

こういう「学び」を得られない文章が非常に共テには多すぎて、センター試験に戻していただきたく思っています。

 

センター試験の内容も架空の話が多かったといえばそうなのですが、問題形式に様々な工夫が込められていて、その工夫が楽しかった。

試験作成担当の方が全身全霊を込めて作られたことがよくわかる。

 

共テになって作成官の方の負担はずいぶん減ったのではないかと思うのですが、楽しい文章ではなくなりました。

 

一次試験である共テは、センター試験で十分というのが塾長の評価です。

二次試験で受験生の判断能力、思考能力を見極めるべきです。

一次試験で思考回路を見極めようとして、結局単純作業、機械的な作業になってしまって、思考回路を見極めることから遠ざかってしまっているのどういうことなのか。

 

また試験の変更、変更、変更、変更で受験生やご父兄様の負担を強いた愚行だと思っています。

 

ただ受験生用の英語塾としては、それでも粛々と対処して行くのみですが。

|

« [空席情報12/20/2023] | トップページ | お守りについて »