« [空席情報12/26/2023] | トップページ | [空席情報12/30/2023] »

2023年12月28日 (木)

1月の大量募集について

1月いっぱいで受験生が一気に抜けますので、その分の募集を1月上旬に行います。(6コマか7コマの予定)

現・塾生さんでコマの移動をご希望の方はお早めにお申し出ください。

 

 

今年を振り返ると、、、池田英語塾にとってはなかなか大変な年でした。

3月に「大学受験 英語塾 東京」で全く検索に引っかからないことが判明。

しかも2年前からこの状態。(2年間口コミだけで満席でした。ありがとうございます…。今上のワードで検索してみたら9位になってました)

 

よくぞ今年の生徒さんたち、ご父兄様たちは見つけていただけました……ありがとうございます。

 

来年度はどうなりますか。

昨年までの忙しさが戻っても大丈夫な準備はしたつもりです。

 

池田英語塾の塾生さん、ご父兄様は無関係ですが、一般の方々は見る目がない。

大手予備校がいいはずだ?

とんでもない!

 

・「修飾」という概念は間違いです。これで教えていたら、その学校は不正確。(不正確な言葉で言葉を習うなんてナンセンス。なんとなくわかる、ではなくはっきりわかる、の方がベター。明白です)→❌修飾⭕️限定

・「分詞」は時間とは無関係の概念です。なのに「現在分詞」「過去分詞」はおかしくありませんか?その名前で平然と教えている学校は、それがたとえ東京大学、東京外国語大学でも私はおかしいと思いますよ。いわんや予備校をや。

・「関係詞」は、文章と名詞の関係を表しています。文と文の関係ではありません。なのに「二つの文章を関係詞を用いて一文にするのだ」という考え方をしている。おかしいです。

・「鯨構文」は、肯定文と肯定文を比べて「差がない」と言っている文章です。否定で訳した時点で絶対におかしい。大手予備校は全て否定で訳している。

 

少なくともこれらを改善していない限り(他にも数多あります)、大手予備校は英語に関して行く価値は全くありません。

正確でない内容で教えられてお子さんが成績が伸びると思っているバ○親がなんと多いことか。(失礼だと思いません。事実を指摘しております。成績が伸びたなら、ご本人が頑張ったのです。正確に教えられていたらもっと伸びたことでしょう。)

 

私より学歴が高い親御さんたちも当然多くいらっしゃるでしょう。

筑駒、灘、開成etc.→東大理三とか。

でもそういう方でも授業の進め方は、こちらに原則お任せください。(入塾後は成績が上がらないというクレームは当然お受けします。)

 

ご父兄様から指示があると、こちらとしてはやはり商売。

渋々従いますが…

例え上記の学歴でも、受験英語では素人。

先生が二人いる状態はご勘弁頂きたく思います。(船頭多くして船丘に上ると申します)

 

 

弊塾のHPの英語の考え方は優秀な方であればあるほど賛同して頂けるものと確信しております。

もしこうやって欲しいというものがあれば、ご提案として一旦塾長が受け取り、それに基づいてこちらで最善と思えるものをこちらからご提案させて頂きます。

 

一方的に塾長に要請し、塾長が受諾する様子を見ると、お子様は塾長よりご父兄様を優先するようになります。

ご父兄様がどんなに優秀であろうと、塾長から見れば素人。

素人を優先する状態は何としても避けたいと考えております。

 

順天堂大学医学部に合格した生徒さんのご父兄様は都立国立高校→東京大学理科I類でしたが、全て任せて頂けました。

もちろん成績が不調ならばすぐにお知らせください。

 

……このような内容が、塾長が新たにご応募いただける生徒さん、ご父兄様に希望するものです。

昔の上智外国語学部とはいえ、街の個人塾経営なんて落ちこぼれ野郎が!と思われているかもしれませんが、外務省の専門職員試験で最終面接まで2回行っております。(※)

それなりの頭は持っております。

バカにしないで頂きたく思います。

 

募集の時には何卒よろしくお願い致します。

 

(※)大学受験では、100%受かる自信があり、実際に受かっています。受験が楽しくて仕方ありませんでした。最終的にこういう状態を作れば必ず合格するという状態を明確にしさえすれば、今やることが明確になります。あとはただそれをやるだけ。周りから見たら非常な辛い努力をしているように見えるかもしれませんが、本人は楽しくて仕方がありませんでした。

しかし外務省の試験は辛かった…。同じように最終的な状態を明確にしているはずなのに、夏に手や足の指先が冷たくなり、みぞおちもストレスで痛い。結局、20倍の筆記試験は2回通るも、2倍の面接で2回とも落ちる。混乱しました。

今はわかります。「どういう外交官になるのか」の視点が全くなかった。ただ「留学ができる!」だけで頑張ってました。これでは受からない。外務省の人事も目は節穴ではない。

 

今なら「私は語学が得意です。語学で外交に貢献したい。田中角栄先生が築いた日中関係。私は新潟で田中先生の地元です。スペイン語が専攻ですが、中国語もできます。外務省のご事情に合わせて、スペイン語でも中国語でもどうぞ私を日本国のために存分に使って頂きたい。語学力をさらに鍛えて語学力で中国、スペイン語諸国と日本の関係改善、発展のために貢献する専門職員になりたいと考えております」なんてことを大学生の時に考えて明確にしなくてはならなかった。(田中角栄氏を称賛するような言い方で反発を喰らうとは思いますが、、、外務省なら有効ではないかなと思いこういう書き方になりました。)

 

上の内容を心に抱いた状態で大学生当時の私に戻ると…

……全くみぞおちが痛くない。

当時、いくら勉強しても不安だった気持ちが、全く不安が消える。

……気持ちを設定することに失敗していたのです。(医学部受験で辛い方も、気持ちの設定を再度されたらいかがでしょうか。辛い時は必ずどこかおかしいところがあるはずです)

 

ホテルオー○ラで大学3年の夏休みにお相手をさせていただいたスペイン大使館の一頭書記官の方から、

(一等書記官)「君がスペイン語を話し、聞けることはわかった。君は読み書きはできるのかい」

(私)「できます」

(一等書記官)「なら、私は大使館で政治の授業をしたいと思っている。君も来ないかい?」

このように誘われたことがあります。

 

外交官になりたいなら二つ返事で行くところです。

しかし当時の私は行きませんでした。

勿体無い…というより「政治?めんどくさそう……」でした。

 

ひたすら「外交」ではなく私は「語学」でした。

大学院に行ってたら「語学」ではなく何かしらの「言語学」をやることになり、私がやりたかった「語学」とは違う。

だから大学院もスルー。

 

自分の人生を振り返って、予備校での英語研究というのは最善の「語学」だったのかな、と思うようになっています。

結果として、日本の英語の様々な不備に気付けました。

故に、英語関係者からは白い目で見られていると思います。(あんたらの方がおかしい)

 

スペイン語を選んだ理由は、英語の世界に進むと、私は相当に文句を言うことになると心の奥底でわかっていたからでもあります。

生活のために英語の世界に渋々入り、やはり文句を言うことになりましたが、私の文句は正当な内容だと思います。

 

私の英語は非常に少ないパーツで英語を扱います。

 

「進行形」だと、「進行」では全ての説明ができないので「例外」が出てきます。また、近未来の予定「〜することになっている」が説明できないので、これまた丸暗記になります。

「進行形」だと覚える内容が多くなり、「例外」というのは原則で説明ができない内容ですから、無関係のものを複数覚えることになります。パーツがいくつもあります。

 

私の「未完了形」だと例外なく全てが説明できます(※)。パーツは1つです。

 

このように頭の中がスッキリして、コンパクトに整理できるようになるのが池田英語塾の英語です。

 

(※)「進行」はI am having lunch now.「私は今昼食をとっているところだ」は「進行」で良さそうです。「私は来週パリに行くことになっている」I am visiting Paris next week.は「進行」ではよくわかりません。「頭の中でリアルに進行しているから」なら、恋愛も頭の中でリアルに進行するので進行形で表せることになりますが、※I am loving you.とは言いません。「頭の中でリアル…」という説は不十分です。「近未来の予定」で使えるが「恋愛」では使えないのなら、また覚えるパーツが増えるだけです。「彼女はいつもはジーンズだが、今日はスカートを履いている」She usually wears jeans, but she is wearing a skirt today.は「進行」では無理そうです。頭の中でリアルに進行、でも厳しい。

 

一方「未完了」はどうでしょう。

「未完了」とは、「一旦〜して[〜し始めて]まだ完了していない(もうすぐ終わる)」というものです。

I am having lunch now.「私は今昼食をとっているところだ」は「一旦昼食をとりまだ終わっていない」で問題なし。

近未来の予定って、「一旦それに向けて行動をすでに始めているが、まだ完了していない(しかしもうすぐ完了する。近未来の予定だから)」ことを指します。「私は来週パリに行くことになっている」なら、パリ訪問に向けて、ホテルの予約、航空便の予約など行動を始めているが、まだパリ訪問は完了していないので未完了ですから、I am visiting Paris next week.となるわけです。※I am loving you.なら、「私はあなたを一旦愛して、まだ完了していない(もうすぐ終わる)」なんて言ったら引っ叩かれますよね。愛がもうすぐ終わると言っちゃってるのですから。ですから誤りです。「彼女はいつもはジーンズだが、今日はスカートを履いている」も、「彼女は一旦スカートを履いているが、まだ完了していない(もうすぐ終わる)」なので現在未完了形が使えて、She usually wears jeans, but she is wearing a skirt today.となるわけです。(「一時的な状態」は現在未完了形で表せる)

 

未完了形は完璧です。パーツは1つです。

進行形は不完全です。パーツがたくさん必要です。脳みその負担が増えるだけです。パーツが増えると混乱の素です。



池田英語塾の英文法は非常にシンプルです。

少ないパーツで全て説明しています。

 

英語学習は池田英語塾・一択だと確信を持っております。

 

|

« [空席情報12/26/2023] | トップページ | [空席情報12/30/2023] »