« 怒涛の一月が終わりました…… | トップページ | 吉祥寺も雪 »

2024年2月 1日 (木)

マツコの知らない世界・世界が熱狂!日本刀の世界

「マツコの知らない世界・世界が熱狂!日本刀の世界」を楽しく見させて頂きました。

海外の熱心な方々からの目はすごい。

日本人と同等か、それ以上の目をお持ちだと感じる。(=日本人には見えないところが見える)

 

私は上智大学外国語学部ですが、英語学科卒ではありません。

イスパニア語学科卒です。

しかしどうぞご安心ください。

英語学科以上の目を受験英語に対して持っていると思っています(受験英語では、です。やはり会話では英語学科に負けるでしょう)。

 

大学入試の頃の英語の偏差値は78.8ありました。

普通は英語専門に進むのでしょうが、そうはしませんでした。

英語の世界に胡散臭さを感じたからです。

 

学校や予備校の先生が言っていることをやっても英語がわからない。

高2夏まで私の英語の成績は平凡なものでした。

スラッシュのヒントをもらえてそれだけで偏差値が全国トップクラス。

 

これっておかしくありませんか?

何のために英語の先生たちはいるのか。

そういう人たちが牛耳っている英語の世界に行ったってロクな事はありませんよ。

 

私が全国レベルに行けたのは、スラッシュのヒント以外は全て自分でやったおかげ。

英語は自分でやろうと決めて、他の言語を1から大学の先生に習ったらどうなるか。

壮大な実験をしてやろうと思い、イスパニア語学科に進みました。

 

(実は中国語学科に行きたかったのですが、上智にも早稲田にもない。東京外国語大学は素晴らしい大学だけど、外国語学部以外の人たちの姿を見たかったのでスペイン語学科に願書は出しましたが第4志望、第1志望の上智に受かったので受験はしませんでした。スペイン語は中国語に次いでの第二候補でしたが差は僅差。小学校高学年でテレビで音を聞いて非常に気に入っていた言語だったので問題なしでした。銭湯に行ったら、uno,dos,tres…cienと1から100まで数えてから湯船から上がるとか、日本語を覚えたのと同じように生活しました。)

 

こうしてイスパニア語は大学3年の夏にはペラペラになってました。

やはりしっかりと大学の先生から正確な内容で教えて頂き、海外に行かなくても自分でも努力をすればペラペラになれるのだな、と実感しました。

 

閑話休題

外国の方々から見た日本の姿が非常に鋭いものであるように、イスパニア語学科卒の私の英語を見る目も鋭いはずです。

日本の英語は相当ダメですよ。

 

鯨構文、as、関係詞、タフ構文などは池田英語塾のホームページに詳しく説明してございます。

ぜひご高覧頂ければ幸いです。https://reading-pro.net/%e6%96%87%e6%b3%95%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

 

聡明な方々が、日本の英語ではおかしくなる。

できる方々も、たとえば現在分詞は現在と関係がない、と自分の頭で用語を自分で他の言葉に置き換えて理解しているでしょ?

そうしないと理解できないのが日本の英語です。

 

I saw a running dog yesterday.「今走っている犬を昨日見た」ではおかしい。

sawと同じ時点という意味が「現在分詞」なので…時制の一致的に考えて…

このように、「現在」ではおかしいのだから、できる方は必ず「現在」以外の言葉、もしくは「現在」に何かを捕捉して理解しているはずです。(そうでなければ理解できないのですから必ずやっています。)

 

しかしこんな面倒なことをせずに、「私は昨日、一旦走り出してまだ終わっていない犬を見た」で簡単に解決ではありませんか(=未完了)。

これで「私は昨日、走っている犬を見た」という意味になります。

分詞は時制(現在)と無関係で様態のみ(未完了)を表しているのです。

 

中身、使用の実態に合わせて用語を工夫してくださったイスパニア語学科の教授陣には本当に目を開いて頂きました。

大学1年の時に「進行」ではなく「未完了」という言葉を聞いた時の「お〜、なるほど」という気持ちは今も同じです。

 

「進行」という言葉は不正確。

その証拠に「例外」が多すぎる。

 

「未完了」という概念で全て、例外なく説明がつく。https://reading-pro.net/%e3%80%8c%e9%80%b2%e8%a1%8c%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e7%94%a8%e8%aa%9e%e3%81%af%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82%e5%85%a8%e3%81%a6%e3%80%8c%e6%9c%aa%e5%ae%8c%e4%ba%86/

 

例外を用意しなければならない概念「進行」と、例外なく説明がつく概念「未完了」。

どちらが上かは火を見るより明らか。

初めて「未完了」で習い、「進行」を捨てて全て「未完了」に切り替えて40年、全く困った事はありませんし、「進行」の不完全さを年を追うごとに一層痛感しているばかりです。(早く捨てることを強くお勧めします)

 

変な用語だ、怪しいと思う方は来なければいい。(何も考えずに内容を表していない用語を盲信するあなたの方がよほど怪しい)

私に賛同してくださる方、ぜひおいでください。

必ずわかるようにして差し上げます。

|

« 怒涛の一月が終わりました…… | トップページ | 吉祥寺も雪 »